2008年06月13日

『犬は勘定に入れません あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎』コニー・ウィリス

♪♪
表紙を見て思いました。
手漕ぎのボートに乗ってるし、
これって絶対のんびりしてるな、と。
(´▽`) ユラユラー。

って…
ぜんぜんちがーうっ!
あっちこっちどっちそっち忙しいぞ!
( ̄□ ̄;)ガーン。

ヒューゴー・ローカス賞
クルト・ラスヴィッツ賞
イグノトゥス賞、受賞作品。


2057年オックスフォード大学史学部は、
コヴェントリー大聖堂から消えちゃった
「主教の鳥株」を探すのに、おおわらわ。

そんな中、タイムトラベルのしすぎで
タイムラグ(時間ボケ)にかかったネッド♂は
療養のためヴィクトリア朝時代へと送られた。

教授になにか頼まれた気がするけど何だっけ?
ネッドは悩む。悩むけど…
あの時はタイムラグがホントに酷かったし、
思い出せない。

犬は勘定に入れません
あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎

犬は勘定に入れません…あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎 モバイルの方はコチラ


なにしろ冒頭から、主人公のネッドくん♂は
頻繁な時間旅行が原因の時間ボケ罹患患者です。
いつもとは世界が違って見えるし
人の言ってることはメチャクチャに聞こえる。
物語の主人公がそんなだから
読んでるコチラも話が見えないんです。
(|||__ __)/ アゥ…。

事前にあらすじも読まなかったですしね♪
(* ̄m ̄) スイマセン。

姉妹篇が出てたらしいし、
また読み方間違えちゃったらしいです。
絶対もっと楽しめたハズなのに!あは。


なんとも不思議な物語で、読んでる間は
引用が分からなかったり
オマージュも知らなかったり
歴史のことだってちんぷんかんぷんだったのに、
読み終わってみると満足感に浸れるんですよ。
(* ̄0 ̄*) ホント、フシギ。

「神は細部に宿る」精神で、
いろーんな細かいところを楽しんじゃおう物語。

ブルドッグのシリル♂と
猫のプリンセス・アージュマンド♀の描写が
とっても愛らしいです。
(>▽<) ウヒョ!

タイムトラベルかぁ。
アトランティスに行ってみたいなぁ。
実在していたのなら。





posted by MOW at 20:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
こんばんは。

なかなか突飛なアイデアなのにうまくまとまっていそうな物語ですね。

ってそんなことはどうでもよくて(よくないって(笑))、MOWさん、禁煙はじめたんですか!?というか、MOWさんって喫煙者だったんですか!?(そっちにもびっくりです)

右のコラムにある、カウンターなかなか良さそうですね。あれを毎日見ているとやめられるかもしれないですね。

タバコ税もあがりそうですしね。そろそろ本気で吸い続けるのか、やめるのか考えなきゃいけない時期なのかもしれないですね。
Posted by kbb at 2008年06月14日 18:00
途中で送信しちゃった;;

僕は続きませんでしたが、最初の一月が一番つらいですからがんばってくださいね。

陰ながら、元禁煙挑戦者として応援していますよ。
Posted by kbb at 2008年06月14日 18:02
おはようございます、kbbさん。
そうなんですよ、すごくうまくまとまってるんですよ。

ってこんなこと答えてる場合じゃなくって!(笑)

サイドバーの一番下なんて誰も見ないと思ってたのにバレてしまった。
禁煙始めてみました!喫煙者でした!
ビックリでしたか?でも隠すつもりもなかったんですけど…
(* ̄m ̄)
以前に扁桃腺が腫れて高熱が出たときに嗜めなくなり、そのまましばらくの間非喫煙者の時期はありました。
だけど自分からやめようと思ってやめるのは初めてなので、どうなるのか楽しみです。

「つらい」なんて言わないでーっ!<( ̄口 ̄||)>
でも頑張ってみますね。応援宜しくです!!
Posted by MOW at 2008年06月15日 08:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。