2008年07月05日

『生活はアート』パトリス・ジュリアン

♪♪
拾い読みした雑誌に掲載されていた
パトリスさんの文章を読んだ。


デザインの本をパラリとめくると、
デザインというものが
デザイナーの思考や生活から生まれる、
という気がしてくる。
テクニックとかではなくて。

あのとき手にした雑誌のタイトルは忘れたけど
パトリスさんが書いた文章の内容も忘れたけど
パトリス・ジュリアンという人の印象が
ワタクシの脳ミソの表面にペタリと張り付いた。


「暮らし」とか「生活」というと「アート」とはかけ離れたものだと思われがちですが、フランスではライフスタイルと言うとき、それを生活のアート、「アール・ド・ヴィーヴル」と表現します。
(本文「Prologue」より抜粋)

生活はアート (幻冬舎文庫)
生活はアート (幻冬舎文庫) モバイルの方はコチラ
こちら ↑ は文庫本。わたくしは単行本を読みました。


いつまで経ってもペッタリ張り付いて剥がれ落ちない。
こうなったら脳ミソの表面じゃなくてその中まで
浸透させてしまおうではないか!
ということで、本を読んでみました。

やっぱりそうか。( ̄+ー ̄) キラリン。
パトリスさんは自分のことを考える人だった。
自分のことを考えていると他人のことが見えて、
物が見えてきて生活も見えるようになるんだろう。

自分という存在から世界を見つめようとしている感じ。

この本を書いたときの彼の生活と
現在の生活とは違ったものかもしれない。
だけど、たぶん、
彼が感じ、考えて実行しているところは変わらない。
それが日々の生活をアートするということなんだろう。

彼のエッセイから感じたことで
自分の生活が変化していけばいいな、などと思う。

ていうか、パトリスさん…
5才の頃から人生について考えてただなんて、
おそるべきオコチャマだったんですね。
素敵です。(* ̄0 ̄*) ホホゥ。





posted by MOW at 00:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
5歳から〜??
それは、神童というべきですねっ。
自分の人生について考えるようになったのは
たしか、14歳くらいだったと思います。
それも、ただ漠然と否定的に・・・・。
天才って、こいうところからして違うんですね〜(^v^)


Posted by ベリー at 2008年07月06日 15:44
MOWさん、こんにちは。
「生活は、アート」ですか。
日本人も、お茶の作法やお花などで
生活の中にアートを取り入れて楽しんでいたんですよね。
実は私、お花習っていました。
初段までもらったのですが、もっとすごい人たちが
お花の首をちょん切って、お花器に添えたりして
それを先生が見て「いいですね〜」っておっしゃっていたんです。
それもアートかもしれないですけど、お花が
あまりにもかわいそうだったんです。
それで、お花への情熱がひゅるるる〜って、さめてしまいました。
庭に咲いたジャスミンを、水をはったお皿に
浮かべてみたり、
きれいな包装紙で、ブックカバーをこしらえてみたり
そんなのも、生活の中の楽しいアートですよね。
Posted by ふうたん at 2008年07月07日 14:19
ベリーさん、こんばんは。
そうなんですよ、5才から!!
絶対IQ180以上ありますよね、彼は!
ていうかベリーさんの14才も早いのでは…?
あ、ワタクシが遅すぎるのか。(* ̄m ̄)
「否定的に」っていうのがちょっと気になりますけど
そういうところから成長って始まるんですよね、たぶん。
お陰で今がある、っていう感じ?!


Posted by MOW at 2008年07月07日 21:06
ふうたんかぁちゃんさん、こんばんは。
そうですか、お花やってたんですかぁ!確かに華道もフラワーアレンジメントもある意味残酷ですよね。そんな風に感じるふうたんかぁちゃんさんも素敵だと思いますよ。

実のところこの本は、
そういった「いわゆるアート」を生活に取り入れよう!
という内容ではないんですよ。(⌒ー⌒)
自分の感覚を信じて、生活そのものを作り上げよう!(超意訳)
っていう感じです。
例えばそれは、「夜中に食べるのは身体に良くないけど、仕事の後にパートナーとのコミュニケーションの時間も欲しいし、僕は僕のために、そして僕たちのために、真夜中の食事を楽しんでるんだよ(これも超意訳)」みたいなものです。

ちなみにワタクシは、彼みたいに自分のことを考える姿勢を持ちたいと思いましたけど、著者と同じような生活をしたいとは思いませんでした。
だから、お花をやらない生活を送ることが「ふうたんかぁちゃんの生活のアート」なんだと思いますよー!

長くなっちゃってすみませーん。(^ー^)ゞ
Posted by MOW at 2008年07月07日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。