2008年07月08日

ドラマ『BONES 骨は語る』

♪♪♪

ここのところ目につくようになったのが
警察の犯罪捜査を描いてるドラマ。
ワタクシ#本家CSIが好きなので
最初はコレも期待してませんでした。
「まぁ、観といてさしあげましょうか?」
みたいな? ( ̄◇ ̄;) エッ? ナニサマ?

最初はそんな感じで観始めたんですけど
考えが甘かったです。
ふむふむ。認めましょう。
オモシロかったです。
(* ̄0 ̄*) ミテ ヨカッタァ…

そういえばこのところ、本家ラスベガス以外のCSI(マイアミとNY)には興味が無くなってしまって、全然続きを観てません。余談ですけど。


ジェファソニアン法医学研究所勤務の♀
Dr.ブレナンは骨から答えを導き出す。
年齢 人種 性別 病歴 死因…

天才だけど 人付き合いがズイブン苦手。
「どうして嫌われるのか理解できないわ。」


元陸軍のスナイパーで、現FBI勤務の♂
ブース捜査官は人から答えを導き出す。
生存者 目撃者 犯罪歴 家庭環境…

優しいけど 譲れない所はチョット頑固。
「科学者は生きてる人間を見てないんだ!」


こんな2人がコンビを組んで事件解決に向かう時、
一筋縄ではいかないでしょーっ?!

BONES DVDBOX1と2
BONES ―骨は語る― DVDコレクターズBOX1 (初回生産限定版) BONES ―骨は語る― DVDコレクターズBOX2 (初回生産限定版) モバイルの方はコチラ

CAST:
ブレナン (エミリー・デシャネル)
ブース  (デビッド・ボレアナズ)
アンジェラ(ミカエラ・コンリン)
ザック  (エリック・ミレガン)
ホッジンズ(TJサイン)



他にも個性派な登場人物が たくさん。
似顔絵や3D再現映像をする自称芸術家 アンジェラ
超人間級なIQを持つ天才アシスタント ザック
昆虫だの土だの鉱物だのにめっぽう強い ホッジンズ
こんな同僚達がDr.ブレナンを助けていきます!

3分の1くらい観続けていると、
どんどん登場人物達が魅力的になっていくんですね。
それは 厳しい犯罪捜査の中に垣間見える
ユーモアとか慈しみとかのせいかもしれない。
そしてピカイチなのがブース捜査官
天下のFBIだけあって 高級スーツに身を包み、
犯罪者への追求は冷酷なくせに実はとっても感情的。

シーズン2では
Dr.ブレナンの過去も絡めて、もっと楽しめそう!



posted by MOW at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。