2008年07月13日

『落ちこぼれてエベレスト』野口健

♪♪
野口さんといえば、コーヒーかエコか。
なんとなくそんな認識を持ってはいたけれど、
実はあんまり知りませんでした。
「山、登る人だよね?」くらい。

1973年生まれだったなんて!
まだ35才だったのー?!ビックリ仰天です。
プラス10才くらいかと思ってましたよ。
(* ̄0 ̄*) ホホー。


学校では落ちこぼれだった僕だけど
7大陸最高峰世界最年少登頂、達成したぞ。
うぉーっ!!

1990年08月 モンブラン(4808m)
1990年12月 キリマンジャロ(5895m)
1992年09月 コジアスコ(2230m)
1992年12月 アコンカグア(6960m)
1993年06月 マッキンリー(6194m)
1994年12月 ビンソン・マッシーフ(4897m)
1996年01月 エルブルース(5642m)
1999年05月 エベレスト(8848m)

落ちこぼれてエベレスト (集英社文庫)
落ちこぼれてエベレスト (集英社文庫) モバイルの方はコチラ
ところでどうしてハダカ?( ̄◇ ̄ノ)ノ


ワタクシは山を登る人に対して、
ついつい山に対する真摯な姿勢を想像してしまう。
ある意味修行僧みたいなイメージかも。
素人の言うことですから、見逃してください。

でもこの本を読むとよく分かりますね。
始めからそんな人はいないんだな、ということが。

野口さんは、学校の成績が良くない自分のことを
周囲の人たちに認めさせたくて登り始めました。
かなり危なっかしいし、理解に苦しむやり方もあります。

どうして登山に惹かれるのか、ワタクシは分かりません。
分からないけれど、
アルピニスト野口健さんの成長は登山によると感じます。
植村さんの本と出会って、山に登り始めて、登り続けて、
徐々に徐々に「違いのわかる男」が出来上がっていった、
そんな印象です。

この本の中の彼と今の彼は当然違うだろう、と思える程
山から学び続けているのが分かります。

修行僧とは違う。
そんな登山家が野口さんだったんだなぁ。

ていうか、
「違いのわかる男 ネスカフェゴールドブレンド」のCMは
2000年に出演していたんですね?
26才か27才の頃だったんですね!
( ̄◇ ̄;) エェーッ?!
35才くらいの人がCMに出てるのかと思って観てましたよ。
なにしろ「違いがわかる」んだから30は過ぎてるだろうね、
と、勝手に思い込んでました。


1996年のエベレスト大量遭難事故についても
少しばかり書かれていましたよ。
そういえば以前読んだ本は、
その事故についてのドキュメントでした。





posted by MOW at 10:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
MOWさん、こんにちは。
いっちゃいましね、ノグちゃん。
おっと失礼、野口さん。
この人、前々からすごく気になっていて
この人の本はほとんど読みました。

”コンチクショー”ってつぶやきながら
数々の山に清掃登山をされている、すばらしい青年です。
違いがわかるはずですよね。
なんたって、遠藤周作も出てたCMですもん!!
”こりゃーあかんわ”(おでこをパチン)

エベレストのごみも、日本の物がすごく多いとか、
富士山がごみだらけとか。
はずかしい事実を堂々をおっしゃってる。
えらいっ!!って思います。
Posted by ふうたん at 2008年07月15日 11:28
こんばんは。
いっちゃいましたよ、ノグちゃん。
たしかふうたんかぁちゃんさんとのコメントのやりとりで
野口さんの本の話題がでたような…?
そのうちに読んでみたいなぁ、と思っていたのが現実になりました。
ノグちゃん本はほとんど制覇ですか?!すごいー。

やっぱりなにかに打ち込んでいる人っていうのは
違いが分かってきちゃうんですかねぇ。
ということはふうたん息子さまも近い将来は…
違いが分かるかも?

Posted by MOW at 2008年07月15日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102770331

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。