2005年12月06日

イバラ姫の守護騎士は《眠り姫》を守り通せるのか?!

『眠り姫』ダニエル・キイス  ♪♪

病名:ナルコレプシー(Narcolepsy)
症状:過度の睡眠 情動脱力発作 自動症 入眠時幻覚など
原因:不明 脳機能異常
対処:対症療法 薬物療法
受診:精神科

不眠症の真逆、過眠症
その中のひとつが、このナルコレプシーです。

もしも自分が眠りすぎてたら、何科を受診するだろぅ?
内科? 神経科?
やっぱり精神科に行こうってゆー発想はでないかも…

実際に罹患している方の中にも
きちんとした診断をしてもらうまでに時間がかかることが多々。
いきなりスッと眠ってしまったり、
身体が脱力して 動かなかったり、
ただでさえ 日常生活に影響が大きいだけに 苦労が大きいな。

「あれ?もしかして自分の症状って…」と思った方は!


さてさて物語はというと。


10代の頃からナルコレプシーを患うキャロル
そんな彼女を心から愛し続ける夫 ロジャー

キャロルの連れ子エレナとボーイフレンドのブーマー
この2人が死体で発見され、
母キャロルは発作で入院(睡眠)中

事件が起こっちゃうくらいだから、解き明かしますっ。
タイトルからは想像付かないけど、ミステリ仕立て!

人が人を愛するが故に
その愛し方が無限な故に
深く混迷し 一見複雑怪奇な印象を与える。

この物語はフィクションですけど、
ここに登場するような精神科医は実在するんでしょうか??
そこのところを考えちゃいますよねっ。

催眠療法どころか、そこらへんでやってる(?)催眠術さえ
恐ろしくッてチャレンジできないワタクシは、
人の記憶の奥底まで覗き見る資格がないのかもー…





posted by MOW at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。