2005年12月12日

《東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~》

『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』
リリー・フランキー  ♪♪♪

ブログ遊泳中に とある記事を読みましてぇ
なんやかんやで タイトルよりも名前が記憶に残りましてぇ
こうしてやっと 読破した次第でございますよ^^

最初は 外国のしかも女性だとばっかり思いこんでたからぁ
それに フィクション小説だとばっかり思いこんでたからぁ
読んでる途中で 「むむ?むむむぅ?!」。

日本男性の実録だったのですねっ、リリーさんっ。
今まで知らずに生きてきちゃってゴメンナサイッ。

5分の2も読んでから気付いたんですよっ!(遅すぎ…)
「あらぁーん、リリーったら罪な男ねぃん」(バカすぎ)

そこからは覚悟を決めて(?)熱中しちゃいましたっ。


このタイトル、すごいですよねー。
「これ以上何を言うことがあるかっ!?」みたいな。

とゆーことなので、内容については触れませんけどもっ。
あ、でもそれじゃマズイですか、やっぱり。
じゃぁ これだけ…
“九州に端を発する 3人の物語。”です。^^v

155ページで 初めて泣いて、その後は…
いろんな形の 情 が押し寄せて来ちゃう。
グッとくる場面 泣いちゃう場面
チョットひく場面 それも含めて笑っちゃう場面

そんなイロイロが詰まってます。

まるごと ですね。

小学校4年生くらいまで自意識の芽生えなかったような
ボーバクとしまくっていた(今もしている)ワタクシは、

3才から記憶がある リリーさんの人生にノックダウンです。
ママンキーの手料理、たいらげてみたかったな。

でも。
いつでもオトンのいる オカンとワタクシの人生も、
リリーさんのと同じくらい 
大切だったし、これからも大切にしなきゃっ。

そうそう、この本について見ているときに
最初は分からなかった[ほぼ日]が分かるようになりました。
[ほぼ日]:[ほぼ日刊イトイ新聞]だったんですねっ。
ほぼにち って読むんですって。ほぼび かと思ったぁ。

この[ほぼ日]で、糸井さんとリリーさんがお喋りしてます!
ぜひぜひ覗いて楽しんでみてくださいねーっ。





posted by MOW at 17:08 | Comment(6) | TrackBack(9) | 読書
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます〜
自分は360ページの「冷蔵庫に・・・」の辺りが最大の泣かされポイントでした。
ほんと、いい本ですよね〜
Posted by ぶっか at 2005年12月12日 20:39
泣き所はさまざまですが、こんなツエー(つよい)
母ちゃんになりたいものです。
・・・・って、私もan・anでリリーが
男だと知ったときは、ビビリました。
ナンシー関と、リリーの組み合わせ
響きからすると、100%女性でしょ?
男と知ってから、読んだのがせめてもの救いでした(笑)
Posted by ベリー at 2005年12月12日 20:56
こんにちは。 ちょっとココロがお留守してしまってその後連絡なしでごめんなさいでした。

お言葉に甘えてお気に入りリンクに入れさせていただきました。  

東京タワーについては私も以前に書きましたのでTBさせてください。

MOWさん、今後とも読書仲間でよろしくね!
Posted by tsukiko at 2005年12月13日 00:48
こんにちはっ。コメントとトラックバックありがとうございます!

>ぶっかさん
昨日はお邪魔しましたぁ。ぶっかさんも読んだんだな、と思ってニヤッとしちゃいまして…思わずトラバしてしまいました^^
ワタクシ的にはコノ本、“まるごと”かなと思うんですけどー、一番を選ぶとしたら371ページから始まる「四月十四日土曜日」…ちょっとベタ?
そこで爆発して、そのあと持続。という感じです。あぁっ!やっぱり“まるごと”だなぁ。

>ベリーさん
そう、そう!やっぱり100パーセント女性ですよねー!ほんとビビリます。なんでこんなに優しい響きなんでしょっ。
それにしても自然とオカンは強くなっていくものなのでしょうか。ママンキーは特別ツエー感が漂ってますけども。目指せママンキーッ!
ほぼ日の“オトンチラリズム画像”見てきましたよ。愛着を持って写真を眺めちゃいました。リリーさんと似てる?!

>tsukikoさん
おかえりなさーい!^^
ワタクシもリンクを設定してみました。まだ確認してないのでチョット不安…。こちらこそフツツカモノですがよろしくですっ!
この記事の中で書いてある“とある記事”とは実はtsukikoさんの記事なのですよー。とっても記憶に残ってて。でもリリーさんの「俺」発言で、男性だと気付くべきでした。思いこみ恐るべしっ…
これからTB返ししに伺いますっ。
Posted by MOW at 2005年12月13日 10:56
こんにちは。
お気に入りリンクに入れてくださりとてもとても嬉しいです。
お礼を伝えるのが遅くなってごめんなさい。
ありがとうございます!!
Posted by tsukiko at 2005年12月17日 17:11
こんばんは、tsukikoさん。
お礼だなんてとんでもないですよー。こちらこそです。ワタクシもとっても嬉しいですっ。
tsukikoさんとリンクした後に、Ducaさんにもお願いに上がったんですけれど、その時の緊張といったら…「どうしよ、どうしよ。」って大変で、小心パワー炸裂でしたよぅ。
でもこうしてリンクお仲間が増えたのもtsukikoさんのお陰!感謝してますっ。
Posted by MOW at 2005年12月17日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10580733

この記事へのトラックバック

「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」
Excerpt: リリー・フランキーさんの「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」を読みました。 リリーさんは「ココリコミラクルタイプ」(・・・最近この番組観なくなったなぁ)に出ているイラストレーターのいい雰囲気の..
Weblog: ぶっかにっき
Tracked: 2005-12-12 20:23

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
Excerpt: 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~扶桑社このアイテムの詳細を見る 天気  {/hiyoko_cloud/}とっても涼しいです。 リリー・フランキー 作:東京タワー           ..
Weblog: Mrs.ベリーのVeryな一日
Tracked: 2005-12-12 21:00

10月5日物語 : 五月にある人は言った
Excerpt: 「この本にうちのダンナさんがちょこっと登場するよ。」 と言って友人が 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン を貸してくれた。 そういえば、彼女のご主人はリリーさんと仕事が縁の遊び友達だと言っ..
Weblog: 株も読書も恋人も
Tracked: 2005-12-13 00:51

東京タワー リリー・フランキー
Excerpt: 東京タワー リリー・フランキー 私、以前からつねづね思っていた。 男の子が家に帰ってくるようになるには、 おいしいものが家にあること! 友達もつれて帰ってこれる家であること。 そんな気持ちを確信..
Weblog: りりんのいろいろ
Tracked: 2005-12-14 15:32

「東京タワー」
Excerpt: 「東京タワー   オカンとボクと、時々、オトン」  リリー・フランキー:著  扶桑社/2005年06月/1500円 ナンシー関なき後最強のコラムニスト。 文章家と目されている..
Weblog: 月灯りの舞
Tracked: 2006-02-20 14:45

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
Excerpt: あいあい。どもども。みなさまいかがお過ごし? ところで、みなさま最近ハマってる事...
Weblog: アメリカデザイン日記
Tracked: 2006-03-02 17:24

リリー・フランキー【東京タワー オカンとボクと、時々オトン】
Excerpt: たまに東北新幹線に乗って東京へ行くと、電車の窓から見える広告の多さに驚く。ビルの窓に貼りつけられた文字、壁の看板、屋上のネオンサイン。車内に目を転じれば中吊り広告。電車を降りれば駅構内のいたるところに..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-11-03 16:11

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
Excerpt: 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~/リリー・フランキー ¥1,575 それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に 突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に..
Weblog: Happy☆day's
Tracked: 2006-11-20 19:04

『東京タワー??オカンとボクと、時々、オトン』 リリー・フランキー
Excerpt: 笑って笑って、そして泣いた。 本を読んで、声出して泣いたのなんて、 久しぶりなくらいに、泣いた。 読み終わって本を閉じてもしばらく、 「うえーん」って泣いてたもん。 前半は、面白..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2006-12-03 11:20
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。