2008年09月05日

『キモチのかけら My Sixteen Report』華恵

♪♪
こうして毎年、#webちくまから出版されるなら
彼女の将来はどうなっていくのだろう。


掲載されているエッセイが本になりました。
16才の華恵ちゃんのこと。
「山へ行く」「手書きのメッセージ」「自分で考える」「においフェチ」「ガイジンと外国人」「十八歳になったら」「記憶の奥底」「「いいよ」の次は」「おふろ嫌い」「肉を食べる」「幸せなたべもの」「キレる私」「弁当くん」「虫は虫でも」「イヌの気持ち」「役割分担」「あとがき」

キモチのかけら―My Sixteen Report
キモチのかけら―My Sixteen Report
モバイルの方はコチラ


もしも彼女が文章を綴っていなかったら
今とは違う彼女が全然違う人生を歩んでたのかな。
こんなこと考えてもしょーがないんだけど
ふとそんな風に思う。

ところで野生時代に書いていたエッセイ「寄りみちこみち」は
もうすでに連載が終了していました。
本になって出版されるんでしょうか。
それを楽しみに、連載を読まなかったんですけど…。
どうなんだろう。あぅー。





posted by MOW at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。