2008年11月16日

『街の中に四季をつくる ポール・スミザーのパブリックガーデン』ポール・スミザー&日乃詩歩子


結局有明コロシアムへテニス観戦に行けなかったワタクシ。
(  ̄3 ̄) チェッ。
でもいいんです。
クルム伊達選手がシングルス・ダブルス共に優勝したから。

久しぶりに丸々1試合をテレビ(しかも録画)で観戦したんですが
厳しい(というか睨みを利かせてる?)表情のクルム伊達選手も素敵。


ところで、またポールさんの本を手にしてしまいました。

#平野さん
「雑木の庭は難しい」
と言っていたにも拘らず。

両者は何が違うんでしょうかねぇ。
二人とも植物とともに人生を歩んでいるのに。

平野さんは日本の庭を基本に考えているのに対し…


ポールさんは日本の庭に
自然を作ることを考えている。

街の中に四季をつくる ポール・スミザーのパブリックガーデン
街の中に四季をつくる ポール・スミザーのパブリックガーデン モバイルの方はコチラ


宝塚にあるシーズンズというパブリックガーデンを
ポールさんがプロデュースした、という話です。

「話」といったのも当然で、
植物についての記述部分はどうなのか分かりませんが、
シーズンズが本当の意味で完成するまでの文章部分は
日乃さんが書いているみたいですね。

とにかく写真が豊富で、眺めるだけで心地良いです。

ただワタクシは初心者(というか園芸を始めてさえいない)なので
植物の名称があんまり分かりませんでした。
写真に写っている個々の植物についての記述がないので
文章と植物を関連づけられなくて夢が膨らまないブー。

もうちょっと勉強してから読むか、
なんにも考えずに雰囲気を眺めるか、
どちらかを選択する本のようです。

もちろんワタクシは「眺める派」。(ノ・_-)



タグ:雑学
posted by MOW at 19:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
MOWさん、こんにちは。
ベランダでも、ステキなガーデニングをしていらっしゃる人は
たくさんいらっしゃいますよね。
どうも、ガーデニングというのはセンスが必要で
とてもうまくいかないものです。
私の家には、まぁちっこい庭があるのですが、
そこに金木犀が植わっているんです(って私が植えました)。
一年かけて伸び放題。ホームセンターでかってきた
『高枝切りはさみ』で、年に一度剪定をします。
ところどころがハゲっぽくなったり、ゼッペキっぽくなったり、
優雅な金木犀さんが、いたずらがきんちょのいがぐり頭に見えてしまうのは、どうして??
Posted by ふうたん at 2008年11月25日 10:26
ふうたんかぁちゃんさん、こんばんは。
返事が遅くなってしまってすみませんです。

そうですよね、好きな方はどんな場所でも綺麗に楽しんでますよね。
自分は絶対に美しく育てられない自信があります。
それどころか、枯らしてしまう確率大!

庭に金木犀があるんですねー、いいなぁ。
刈り込みはコツがあるみたいですね。
でも年1回じゃぁ、練習も出来ないか…(笑)
ワタクシは伸び放題のジャングルみたいな庭が結構好きですよ。

Posted by MOW at 2008年11月26日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。