2005年12月24日

密かに微笑み、《猫はスイッチを入れる》。

『猫はスイッチを入れる』リリアン・J・ブラウン  ♪

どうも どうも。4冊目っ。(シリーズ3作目)
このブログに限っては おなじみさんですねっ。

新聞社〈フラクション〉特集記事担当記者 クィラランと
なにかとお騒がせだけど事件解決の立役者 シャムのココ。

ん?? 忘れちゃイケナイ! 猫らしい猫の ヤムヤムも。

今度は どんな事件が降りかかってくるのでしょーかっ!


実は ちょっぴり犬派 だったりしちゃうワタクシですが
生きもの好きなショウネは そんなこと吹き飛ばしですっ。

美術 インテリア グルメときたら
クィララン 今度は何の記事を書くの…?
今回は… アンティーク
大嫌いな骨董品 何が良いのか分からない年代物
そんな世界も ベテラン記者の手にかかれば 3日で通の域!

アンティーク・ショップの立ち並ぶジャンクタウンは、
市が取り壊しを予定しちゃってる いわゆるスラム街
そんな地域で またしても事件がぁぁ。

ジャンクタウンの正直者、みんなに好かれるアンディが
ちょっと前に亡くなってるんですけど、

クィラランはお馴染みの“口髭チクチク第六感”を感じちゃう。
それにココだって 密かにいろんな情報を提供してくれちゃう。

人は何かと 秘密 を抱いて生きているもの。

人に言わないコトとか 人に言えないコトとか
全部が全部 悪いことな訳じゃないよねー。ねーっ。
お願いだから そうだ と言って…
秘密の種類は 千差万別だけれど。

正直とは どーゆーことなのか、
清廉潔白 この言葉の意味するものはなんなのか、
じっくり考えてみなければなりません!

そうそう、今回のこの物語、
なんだが今までと比べて クィラランに焦点が当てられてる?!
ハードボイルド・チック(あくまでもチック)な出だしから
男クィララン、頑張ります! 元事件記者の血が騒ぐっ!

猫といえば おトイレ用清潔砂場 が必須だけれども。
TVで実際に“水洗トイレ利用猫”映像を見たことがっ。
これだけいろんな才能を開花し続けてる ココならば!
いつの日か
にゃおん?
 (砂場とは何のコトですか?私はトイレを使いますけど?)」
と言い始めるのに違いありませんよねー。^^

ココシリーズ、記事はココにゃん。(=^・・^=)
#1『猫は手がかりを読む』#2『猫はソファをかじる』#3『猫はスイッチを入れる』#4『猫は殺しをかぎつける』#5『猫はブラームスを演奏する』#6『猫は郵便配達をする』#7『猫はシェイクスピアを知っている』#8『猫は糊をなめる』#9『猫は床下にもぐる』#10『猫は幽霊と話す』#11『猫はペントハウスに住む』#12『猫は鳥を見つめる』#13『猫は山をも動かす』#14『猫は留守番をする』#15『猫はクロゼットに隠れる』#16『猫は島へ渡る』#17『猫は汽笛を鳴らす』



タグ: ミステリ
posted by MOW at 18:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
この作者、娘の名前と少しかぶっているのでチョット気になります。
この作品は、ミステリーなのでしょうか?
いまは、アキハバラ@DEEP?
面白いですよね。
感想楽しみです!!
Posted by ベリー at 2005年12月24日 23:16
Happy Christmas to you !!
Posted by tsukiko at 2005年12月24日 23:30
こんばんはー!

>ベリーさん
ほんとですかっ?!すっごいカワイイ名前!名前を呼ぶ方も呼ばれる方も幸せな響きですね^^。いいなぁ、ムスメ。
この作品は、ミステリーですよ。元事件記者の現特集記事担当が、事件に首を突っ込んで取材するうちに真相を掴んでいく話です。猫がかわいいぃ。
「アキハバラ@DEEP」UPしましたぁ。ベリーさんも楽しんだんですよねー。この前記事読みましたよ。面白かったです。

>tsukikoさん
MERRY Xmas!!
これを言いに来てくれるなんて…ちょっと感動ですっ。
楽しい、幸せなクリスマスが過ごせたでしょうか。
あと2時間ちょっとで終わっちゃうんですね…寂しい感じ。
このあと「溺レる」に突入です!うーん、楽しみです。^^v
Posted by MOW at 2005年12月25日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。