2005年12月26日

溺レたかったのか、溺レてしまったのか…《溺レる》

『溺レる』川上弘美  ♪♪♪

この『溺レる』、
2000年伊藤整文学賞、女流文学賞受賞!

そうなんですか、川上さん。
こんな賞を頂いていたんですね。

読みましたよ、この短編集。
全部読ませていただきましたよ。



アヤウイ…
危うすぎる…


たとえば
大洋の中 ひとりユラユラ漂っていたり
たとえば
雑踏の中 ひとり立ち止まって佇んだり
たとえば
強風の中 屋上から地上を覗いてみたり
    (注:物語とは関係ありません)

そんな感覚?

電信柱の続く 月明かりの道 「さやさや」
雪景色に続く カラスの足跡 「溺レる」
高い2本の木 交互に登る亀 「亀が鳴く」
観覧車に乗る 焼そば食べる 「可哀相」
一緒に 吐く 草むらに入る 「七面鳥が」
どこかの部屋 ばあや の清 「百年」
食べる青銅虫 食べられる鬼 「神虫」
何遍も過ぎる 何遍もの季節 「無明」

8篇の物語が収められている この本は、
モグル…
潜っていく…


青空の下 低い雲の大群が押し寄せてきて
15分も走ったら 雨のカーテンを通り抜けてしまう。
日向はなんだか あたたかい気がするけど
鋭いカタマリの空気が むき出しの顔をザクと刺す。
いままでどこにいたのか これからどこへむかうのか
思い出すことはできないけれど、
わたしは今 ただ ここにいる。
         (注:物語とは関係ありません)

そんな感覚?

読んで危険な状態になってしまったワタクシは、
深夜を迎える少し前 皮のサンダルに素足を潜らせて
買い物に出掛けました。
「MOW メープルシロップ〈期間限定〉」
カップに入ったアイスを 冷えた部屋で食べたくなる…

気持ちよく 川上さんに 酔っぱらっちゃったな。





タグ:恋愛 ♪♪♪
posted by MOW at 18:25 | Comment(8) | TrackBack(3) | 読書
この記事へのコメント
MOWさん、こんばんは。

大丈夫ですか? 這いあがりましたか?
息を吹き返しましたか?

ぬるぬると泥に足を取られるようなお話たちですよね。 私は大好きです。
次、「いとしい」、行ってみよー!
Posted by tsukiko at 2005年12月26日 22:02
こんばんは、tsukikoさぁん。
まだまだ這いあがれません…。二日酔い(三日目だけど)状態が続いてます。
ミチユキとかジョウヨクなのに、すっごい独りで、すっごい不安。なぜ?
次の川上さんの作品を すぐに読んでしまったら、呑み込まれてしまいそうで…それこそ危険な香り。
こんなこと言いながら、ワタクシも大好きです!
酔いというか、放心というか、こーゆー感覚は、村上春樹さんの作品を読んだ後にも襲ってくるのです。あぅ。「海辺のカフカ」が気になるけれど、復活に時間がかかるようなら“目出度い正月”に向けて読むのを控えなければ。
「いとしい」行っちゃうぅー?!
Posted by MOW at 2005年12月27日 19:55
こんにちは。
そうですね。 
気だるく退廃的な気分に浸かりたいときには
よいかもしれませんが・・。
正月から退廃的になってしまうのもね。

つきこさんは風邪をひいてしまって
這って茶碗を洗い洗濯を干している状況です。
(物干しに届かないって!)
年内に明るく正しい日本の正月に相応しい
本の紹介をすべくブログを更新したいよう〜。

ではではMOWさんも風邪など召さぬように。

Posted by tsukiko at 2005年12月28日 10:40
こんばんは!
徐々に立ち直りの気配が漂ってきましたよー^^
そう、それです!気だるく退廃的。ワタクシ語彙力に問題アリですねぇ。でもこれでちょっとスッキリしましたっ。
風邪ひきさんはゆっくり休みたいのに…家事労働は待っててくれない。これも今のワタクシには退廃的かもです。コメントには笑っちゃいましたけど、くれぐれもお大事にしてくださいね。体調もやっぱり読書に大切な要素ですしっ。
ワタクシはもうちょっとこの読後感を味わうために、年末年始読書ペースを落とそうかな、なんて思ってます。たまには…ねっ^^
早く元気になってー!
Posted by MOW at 2005年12月28日 22:09
おはようございます。

早速読んで記事にしました〜。
TBしておきますね。

僕が男だからか、あんまり溺れられなくて残念でした。でもアイヨクには溺れたい!
Posted by kbb at 2006年01月12日 06:44
kbbさん、いらっしゃーい。
もう読んだんですか?!早い!
TBありがとうございます。今からお返しに伺いますよっ。
そうですか、溺れられませんでしたかー^^。今思い出しても、あの溺れ具合は気持ちよかったですよ。残念、ざんねん。
ワタクシ、一度くらいはミチユキしてみたーい!
Posted by MOW at 2006年01月12日 21:22
川上弘美の「溺レる」を読んだ!
トラックバックさせていただきます。
よろしくお願いします。
Posted by tonton3 at 2006年02月08日 23:56
読みましたかっ!!tonton3さん!!
ワタクシもトラックバックお返しさせていただきます。
よろしくお願いします。
Posted by MOW at 2006年02月09日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11058706

この記事へのトラックバック

溺レる
Excerpt: 「溺レる」 川上弘美 最近このブログを読んだ友人からあの本おもしろそうだから貸してって言われたことが何回かあってとっても幸せな気分のkbbです。おはようございます。同じ本を手にとってくれる人が一人で..
Weblog: あれやこれや
Tracked: 2006-01-12 06:41

川上弘美の「溺レる」を読んだ!
Excerpt: 「古道具 中野商店」の記事を書いて、川上弘美の本をブログで書いたものを末尾にリンクしたら、思いの外たくさんありました。そうだ、「溺レる」があったと思ったけど、どこかに入り込んじゃって見つかりません。つ..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2006-02-08 23:55

溺レる
Excerpt: 溺レる文藝春秋このアイテムの詳細を見る 天気   大雨はどうなったの?   川上弘美 著 : 溺レる を、読みました。川上弘美初読の一冊、ステキな濫読家のMOW..
Weblog: Mrs.ベリーのVeryな一日
Tracked: 2006-07-23 11:04
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。