2009年01月29日

ドラマ『CSI:5 科学捜査班』

♪♪♪
やはりCSIはラスベガス!
(ノ⌒∇)ノ ソウダネ。

今までのグリッソム・チームが
昼と夜の2つに分かれてしまったこのシーズン。

グリッソムの部下として働くことについて
それぞれのメンバーが考えるには…
必要な時期だったのかもしれません、
と、終わってみれば思えなくもない。


CSI:科学捜査班 シーズン5 コンプリートDVD BOX-1 CSI:科学捜査班 シーズン5 コンプリートDVD BOX-2
モバイルの方はこちら

CAST:
主任グリッソム(ウィリアム・ピーターセン
キャサリン(マージ・ヘルゲンバーガー
ウォリック(ゲイリー・ドゥーダン
ニック(ジョージ・イーズ
サラ(ジョージャ・フォックス
ブラス(ポール・ギルフォイル
グレッグ(エリック・スマンダ
検死官アル(ロバード・デヴィッド・ホール


このドラマに登場する人物たちはみなさんステキ。
もちろんギル・グリッソムが頂点に輝いていて、
彼の名前(役名)はフルネームで暗記しているほどの心酔ぶり。

でもなにかと気になるのが、ニック・ストークス。
ハッキリ言って目立ってはいないのに、ナゼなのだ?!

彼(もちろんニック)以外の人たちはなにかと、
自分のプライベートのことで悩んだり問題が起きたりする。
それって観てる方からするとインパクトが強い。

ニックだけはそういったことがなかった気がする。
「自分が悪い訳じゃないのに、なぜだっ?!( ̄□ ̄;) ガーン!!」
ということが多かったと思う。
これって彼自身についてのインパクトは弱いけど
実はニックのプライベートが良く分かってないということなので
シリーズを長く観ているとだんだんだんだん気になってくる。
他の人より影が薄いから彼のエピソードは忘れてるだけかもしれない
ということは考えないようにしています。

このシリーズでも最後の最後で巻き込まれちゃったし。
(あ。すみません、ちょっとネタバレ?)

今回はあまりの事件っぷりに
#1stシーズンの初っ端でいきなりキャスト交代した場面が
脳裏を掠めてしまいました。
そうだった、そうだった。
あの事件の影響で、新人サラ(当時)がやって来たんだった。

これだけ続いてくると、さすがに歴史を感じるなぁ。
(* ̄ー ̄*)





posted by MOW at 18:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
このシリーズめちゃ面白いですよね。
でも、CSTVでやっているのを、時々見るだけなので
ニューヨークだったり、マイアミだったり
いろんなシリーズがごちゃまぜになってます(笑)
一度、整理してちゃんと見ないと〜!


Posted by ベリー at 2009年01月29日 20:26
面白いですよねー!
ワタクシはマイアミをシーズン2まで、NYはシーズン1だけしか観ていなくて、今は御本家のこのシリーズだけです。
なぜなら…やっぱり全部観てるとごちゃごちゃになっちゃう。(笑)
さらに最近ではNUMBERSとかBONESとかLAW&ORDERとか犯罪捜査ドラマがもの凄く増えたので、ごちゃごちゃ具合に拍車がかかっちゃうんですよね。
録画するのも取捨選択が大変です。( ̄▽ ̄;;)
Posted by MOW at 2009年01月30日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。