2009年03月03日

『梟の城』司馬遼太郎

♪♪
最近、我らが愛する#ブログ・サービスseesaa
新機能が追加されていたようです。
それは、携帯電話を使ってブログを閲覧した時に
自動的にひとつの記事を分割して表示する機能。
(今までは記事の全文を一括表示していた)
他にも少しずつ改良され続けているseesaaブログ。
この地道さが大好きです。

好きなんですけど、果たしてこの機能は必要だったのか。
ワタクシは全文表示された方が面倒くさくなくて良かったです。
┐(  ̄ー ̄)┌ ワガママダネ。


伊賀忍者:葛籠重蔵、黒阿弥、風間五平、木さる
甲賀忍者:摩利洞玄
謎の女性:小萩
歴史人物:豊臣秀吉、今井宗久、前田玄以、島左近

梟の城 (新潮文庫)
梟の城 (新潮文庫)
モバイルの方はこちら


映画化されたことは知っているけれど
映画も観ていないし、小説も読んだことがなかった梟の城。
それこそ地道な鍛錬の積み重ねで成立している忍者の物語。
#『故郷忘じがたく候』と一緒にお借りしたので拝読しました。

おぉー!
史実の蘊蓄が全然気にならない!\( ̄▽ ̄)/
(司馬遼太郎ファンの皆様、お許しを。)

いつもいつも言いますけど、
耳にタコが10個できるくらい言いますけど、
特別歴史好きではないワタクシにとって
司馬作品の鬼門といえば蘊蓄。
いや、蘊蓄ではあるまい。
司馬さんは、当時の状況を説明してくれているだけ。
それは分かってるんだけど、ワタクシの頭はパンクする。
この物語ではそんなことがなかったので、小躍りしてしまいました。

忍者が主人公ということで、歴史の裏側を覗き込む気分が味わえますが、
彼らの暗躍が結果的にも歴史の表舞台へ顕在化せずに終わったところが
これまた作家の妙技というものでしょうか。

スピード感に乗って一気に読み切ることができるけれど
ページ数を3分の2くらいに削っても良かったようにも思います。
┐(  ̄ー ̄)┌ ホント、ワガママダネ。

3月5日追記:
上記ページング機能に、表示データサイズの設定機能が追加されていました。やっぱりさすがです、seesaa(嬉)!!ワタクシは早速、設定を「大」にさせていただきました(基本は「小」だったらしい)。




タグ:歴史 恋愛 ♪♪
posted by MOW at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115080037

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。