2009年03月05日

映画『スパニッシュ・アパートメント』

♪♪♪
当然のごとく#『JUNO / ジュノ』だけでは満足できませんでした。
一緒にこの映画もレンタルしてきましたよ。

先日偶然観ることになった#『PARIS(パリ)』の監督、
セドリック・クラピッシュの2002年公開作品です。


僕は旅立った。
スペインのバルセロナへ。

母国フランスのパリの街に
母や恋人を残して。

それは1年間だけの交換留学。
エラスムスという制度。

スパニッシュ・アパートメント [DVD]
スパニッシュ・アパートメント [DVD]
モバイルの方はこちら

CAST:
グザヴィエ(ロマン・デュリス
マルティーヌ(オドレイ・トトゥ
イザベル(セシル・ド・フランス
ウェンディ(ケリー・ライリー
ソレダ(クリスティナ・ブロンド
アレッサンドロ(フェデリコ・ダナ)
ラース(クリスチャン・パグ)
トビアス(バーナビー・メッチュラート)
アンヌ・ソフィ(ジュディット・ゴドレーシュ
ジャン・ミッシェル(グザヴィエ・ド・ギュボン)
ウィリアム(ケヴィン・ビショップ


ちょっと驚きました。
こんなにコメディ色が強いとは思っていなかったから。
笑った、笑った。∵ゞ(≧ε≦; ) ブブーッ!!

ワタクシは1ヶ月だけ中国に行ってましたけど、期間が短い上に、寮では日本人と、それ以外では中国人と対するだけだったのです。年単位の長期留学で異国の地へ住み、更にその地を母国としない人物と深く関わるという状況ってどんな感じなんでしょうね。

いやぁ面白かった。

ビデオカメラを覗いているようなカメラワークが時々盛り込まれていて、そのお陰か、まるで自分も先住の留学生たちに部屋をシェアすることを許されて一緒に住んでいるような気分になることができました。
ただ映画が面白いから笑ってるんじゃなくて、バルセロナでの学生生活をエンジョイしてるから笑っちゃったみたいな感覚です。

そして…
母は偉大。

ちょっとオマケで♪♪♪。
だけどやっぱり『猫が行方不明』の方が好き。





タグ:♪♪♪
posted by MOW at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115185711

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。