2009年03月26日

映画『プリンセス・シシー』

♪♪
なんの物語だろうと思ったら
オーストリア皇后エリザベートの話でした。

エリザベート(シシー)の生涯を描いた3部作で、
この『プリンセス・シシー』がその第1部。

オーストリア王子とバイエルン公爵の次女エリザベートが
出会って結婚するまでのお話です。


野山を駆け回っていた私
偶然出会った王子を好きになった私

でもだめ。
だって王子は…
私の姉ネネーと婚約するのですもの。

エリザベート ロミー・シュナイダーのプリンセス・シシー [DVD]
エリザベート ロミー・シュナイダーのプリンセス・シシー [DVD]
モバイルの方はこちら

CAST:
エリザベート(ロミー・シュナイダー
フランツ王子(カール=ハインツ・ベーム
ソフィー大公妃(フィルマ・デキッシャー)
ヘレーネ(ウッター・フランツ


1959年の映像だということなんですけども、とっても綺麗。
野山や川、馬車もそうだし、それに衣装も。
登場人物たちも気品があるように見えてしまうのが不思議。

この第1部のストーリーは単純明快なシンデレラストーリーです。
(* ̄0 ̄*) ホホー。

ここで残念なお知らせが。
途中でちょっとうつらうつらしてしまったために
分からなくなってしまったことがあるんですよ。
それは、郵便局から電報を打つための代金の代わりに
シシーが郵便局員へ預けることにした指輪の行方。

その指輪はカールから貰った大切なものだったハズなのに
電報代60クロイツァーの質草として置いていったのですよ。

60クロイツァーがどれだけのものか分かりませんけれども
指輪は高かったんじゃないの。
ワタクシが居眠りしてた間に、
ちゃんとお金払って指輪取り戻したの、プリンセス・シシー?

あー。
こんな可愛らしい映画を観た後の感想がこんなのって…
ワタクシにはシンデレラストーリーなんて無縁だなぁー。
( ̄∇ ̄*)ゞ アハハ。



タグ:♪♪ 恋愛
posted by MOW at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116243309

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。