2009年04月02日

映画『once ダブリンの街角で』

♪♪♪
どうも器用ではないようで
というかはっきりいって不器用なので
映画を観てもほとんどの場合、音楽を覚えていません。
ストーリーだけ。
あとは進行のテンポとか間合いも気になるかもしれませんね。

それなら音楽に興味がないのかというと
それはまた違った話で
ミュージカルなんか大好き。
今年は来日公演が続出するようで
今から楽しみにしていたりするんです。

ミュージカルが苦手な人の言い分に
「突然歌いだしたりして、意味分かんない!」
というのがあると思うんですが、
ワタクシからすると鑑賞するものは全て創り物なので
手に届きそうな、息使いが聞こえてきそうな舞台の上で
真面目な顔してセリフを吐いたりしているよりは
最初から歌とダンスで現実味がない方が
ひとりの観客として、開き直れるのです。

ところでどうでしょう。
いつも「どっちか」過ぎやしませんか。


あなたと出逢う

ダブリンの街角

僕は歌う

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]
ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]
モバイルの方はこちら

CAST:
♂(グレン・ハンサード
♀(マルケタ・イルグロヴァ


この映画は音楽がそのまま描写なんですけど、それもそのはず、
シンガーソングライターのストリートミュージシャン♂が主人公。
彼の紡ぎだす歌で物語が進行するというか、
物語の進行に合わせて彼が歌を造り出すというか、
そんな感じ。
┐(  ̄ー ̄)┌ ナニ、ソレ?

んー、うまく言えないんですけど
いつもの映画みたいに音楽がバックに流れているわけでもなく
ミュージカルみたいに唐突に歌いだしたり踊りだしたりもしない、
音楽の映画です。
「上手く言えないんですけど」と前置きしつつも「結局上手いこと言っちゃった( ̄∀ ̄*)」みたいな雰囲気にしたかったのに、ホントに上手く言えませんでした。ぶー。


この主人公♂がまた良い味を出していて…
こうして映画の内容を思い出しながら駄文を連ねているだけで
鼻の奥の方がツンとして泣きそうになるからマズイです。
別にストーリーに感動するとかそういうことじゃなくて
主人公♂が歌ってるときの眉毛の動きに涙腺がやられたんです。
( ̄▽ ̄;;) エ?

何度も何度も見返して味わうというよりも、
偶然通りかかった道端で出逢った弾き語りが気になって
最後まで聴いてたら約束に遅れちゃったけど、不思議と満足
みたいな一期一会感が良いのかもしれない。

といいつつ、サントラワンス ダブリンの街角で オリジナル・サウンドトラック…買っちゃおうかなー♪





タグ:♪♪♪
posted by MOW at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。