2006年01月13日

《Mr.パーフェクト》の条件は胸にしまっておくのが賢明。

『Mr.パーフェクト』リンダ・ハワード

この前読んだ『パーティガール』
結構おもしろくって 楽しめたんですよぅ。
それで ロマンティック・コメディ繋がりと知った
この物語に 今回チャレンジしたわけですっ!

毎回ウルサク言いますけど(ホント毎回…)、
ワタクシあまりにハーレクインだと受け付けない恐れがっ。
だからこその 二見文庫ミステリからの選出。
それなのに…それなのに…うぐっ!!

ハーレクインって実際に読んだことはないんですけど、
「これってもしかして 限りなくソレに近いんじゃ?!」
と思わせてくれる『Mr.パーフェクト』なのでしたぁ。

とゆーことは ♪なし…。
あぁ、やっぱりそうなってしまうぅ。(><)


3度の婚約がお流れになり
“愛だの恋だのご遠慮中”のジェインは、
毎週金曜日の夜に集まる女友達4人でのお喋りが楽しみ。

女性4人が集まれば、話題も尽きないってゆーものっ。
ある時「完璧な男の条件」をリストに挙げてみたら…

ちょっと刺激的な情報は 漏れ広まるってゆーものっ。
社内報に始まり 新聞・TVの取材までくる始末…

悪気もなんにもないお喋りだったはずなのに、
騒動が始まるーっ。

あれですね。
ある意味デリケートな話題だし、
PCでわざわざリストを作成しちゃだめですね。

ワタクシ、今後生きていく上で教訓とさせていただきます!

そーいえば、ドラマ『フレンズ』の中でも
ロスがレイチェルの性格リストを作成したのがバレて、
一気に険悪ムードになってたような…

うーん、みなさん充分気を付けましょーっ!!

それにしても コノ本、2001年出版なんですけども
この程度のリスト(ネタバレはしないでおきますね)で
TVの取材が来ちゃうもんなのー?そうなの?

話がそれちゃいましたけども。
こんなジェインのお隣さんは 独身男性サム・ドノヴァン。
名前からして 強そう。あぁ 恋の予感っ。

あまりに単純明快な恋愛事情に ワタクシちょっとショーック!
事件とかは 実はあんまり関係なくって、
サムとジェインのラブ炸裂物語?!

むむむ。
実は…うらやましかったりするのです。
ポッ*^^*






posted by MOW at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11661865

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。