2006年01月14日

ようやくゾンビーズ第一弾!《レヴォリューションNo.3》

『レヴォリューションNo.3』金城一紀  ♪

むむむ。
間違ってシリーズ第3弾から入ってしまったこのシリーズ、
ジワジワ読むつもりが、1ヶ月くらいで手に取りました。
ちょっと気になってたんだもん、高校生集団がっ!

お陰様で 一気に謎が解けていきましたよー。
そうか、そうだったんだ。

ヒロシの存在も確認できたし、
アギーの高校生活も垣間見ちゃったし、
ドクター・モローもお近付きになれたし、
あぁ すっきり。

しかしまたしてもモヤモヤが…
表紙絵の中で判別できるのが、舜臣 アギー ヒロシだけ。
くっ くやしいぞ。


「レヴォリューションNo.3」
「ラン、ボーイズ、ラン」
「異教徒たちの踊り」
この3編が収まっているThe zombies series第1弾!

お勉強が苦手な高校生達が 世界を変えたくなっちゃったとき
なにを考え、どう行動していくのか、
ゾンビーズの一員として活動しているときのカレらは、
まったくもって悪どい気持ちがなかったりするのです。
(言動は危険を伴うことが多々あるんだけれど)

どこまでいっても損得勘定なしのカレらに
ある種の清々しさをいただいちゃったりして…

ハッキリ言って 訳の分からないギャグ(なの?)とか
個性派キャラが ドッタンバッタン(時には静かに)とか
うーん、マンガっ。
文章読んでても やっぱりマンガっ。
ワタクシマンガも読んだりするので、その感覚で読み進めました。

南方くんってば
心の中では“僕”なのに、声に出すときは“俺”なところが
憎めない、撫でてあげたくなっちゃう。
それにしても、あんなに何回も「アギーに抱かれてもイイ」
って思えるんなら、さっさと1回抱かれちゃえばいいのにね。
そこから何かが 始まるかも知れないのにぃー!
(所詮 他人事?^^)

舜臣が読んでいる本を、だんだんと自分でも読んでみたくなる。
よんで理解できるか疑問なものばっかりだけど、
1冊くらい挑戦してみるのも わるくないかも?!

The zombies series、記事はこちら!
#2『フライ,ダディ,フライ』
#3『SPEED』




タグ:短編 冒険
posted by MOW at 15:33 | Comment(5) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
おお、読まれたのですね〜
確かにマンガのノリで読める本ですね。
残る「フライ〜」は「SPEED」のおっさん版(?)です。
自分も最初の「レヴォリューションNo.3」は後から読んだので、
ああ、あの人物はここで出てたのか・・・みたいのがありました。
Posted by ぶっか at 2006年01月15日 08:31
面白かったでしょ〜〜〜〜!!
もう、ゾンビーズに惚れてます。
文学的な出来とかは、この際どうでもいいです。
てか、このスピード感は、かなり文学的に完成?されてます(笑)
舜臣カッコイイですよね〜。
アギーも素敵。
でも、なぜか山下に逢ってみたいです。
心のそこから、癒されそ〜。
次フライで、その次はSPEEDですね・・。
って、勝手に決めてすみません。
Posted by ベリー at 2006年01月15日 09:55
こんばんはー!!

>ぶっかさん
読みましたよーっ。そうでしたよね、ぶっかさんも第2弾から始まったんですよね。やっぱり気になっちゃいますよ、カレらの始まりがぁ。でもイキナリ始まりと終わりを知ることになるとは思ってもいなかったんですけれど。ちょっとしたショックでした。この作品で直木賞受賞だったんでしょうか、記憶が曖昧…

>ベリーさん
ベリーさんはハズバンドと共にゾンビーズファンなんですよねっ。舜臣、イイですよねー。どうしてもソコをメインに読んでしまうってゆーか…。アギーに会ったら、即オチてしまうかも?!山下!カレはどこまで“山下”なんでしょー??現実の世界にもぜひぜひ存在していただきたもんです。
次、「フライー」いきますよ!「SPEED」は既に読んじゃってるので、そこでストップです。このシリーズ、続くのかなぁ。出たらまた読んじゃうんですけどっ。
Posted by MOW at 2006年01月15日 20:53
直木賞は、【GO】ですね。
GOも面白いですよ。
映画より、やはり断然いいです。
そっか、SPEEDからでしたね。
でも、さかのぼって読んでいくと言う
方法も楽しいですよね。
へ〜、そうだったのかぁ。って感じで。
Posted by ベリー at 2006年01月16日 16:09
ベリーさん、いらっしゃいませぇ!
そうですか、「GO」が直木賞ですか。
とゆーことは、この作品は現代小説新人賞?
なんだかどっちかがどっちかを取っていた気が…
まぁ、あんまり関係ないんですけれどっ。
3作目から読んだから、逆に気になってしまってしょーがなかった!
その点、かなり惹きつけられましたよぉ。
次がやっと映画化もされた「フライ-」なので、楽しみです。
Posted by MOW at 2006年01月16日 18:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11684940

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。