2009年04月09日

映画『バンガー・シスターズ』

か、軽っ…。


仕事クビになっちゃって、お金ないわ。
そうだ、昔のグルーピー仲間に会おう!
お金、都合してくれるに決まってるわ!

って、彼女ったら弁護士の妻になってるし!
子供だって2人も育てて大きくなってるし!
なにしろ私との過去を封印しちゃってるし!

バンガー・シスターズ [DVD]
バンガー・シスターズ [DVD]
モバイルの方はこちら

CAST:
スゼット(ゴールディ・ホーン
ラヴィニア(スーザン・サランドン
ハリー(ジェフリー・ラッシュ


題名が『ヤ●マン・シスターズ』って訳されてたんですけど
自分がヒッピーだったという過去は、
誰にも知られないように完璧に封印するか、
開き直って「ヤリ●ン」と言わざるを得ない雰囲気とか、
そんな感じなのでしょうか。
それともヒッピーとグルーピーは全く別のもの?
んー、分からないです。

そんな英語の意味は置いておいて、
この手の映画(どんなジャンル付けをしたらいいか分からないんですけど)は、ワタクシの鬼門です。もう全然意味が分からない。
『テルマ&ルイーズ』もダメだったけれど、あれと似てる。

ラヴィニアの長女が高校卒業式で総代スピーチをするんですけど
「私はヤ●マンだったのよ!すごかったのよ!そんな私がベージュのスーツ着こなして家族の面倒見てあげてるんだから、少しは労りなさいよ!(ここまで酷いことは言ってなかった気もする(*/∇\*) )」
と、突然叫び始めた自分のママを見ながら、
「人間、本音で生きなきゃねー(かなり意訳)」
とか言って感動を誘ってるのも無性にイヤでした。

とか言って。

人の生き方を認めさせられるのも
自分らしく生きることを強要されるのも
両方とも抵抗を感じるのは…

分かってても、実行できないでいる自分に、
自分でウンザリしちゃってるだけなのですよね。

ということで、この映画を観た気分は♪なし。
映画の出来映えは、正直なところ分かりません。
ていうか、20年くらい前の映画かと思ったんですけど
2003年の公開作品なんですね、これ。
かなり意外です。





posted by MOW at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117175363

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。