2006年01月18日

真実と安定を追求する《陰の季節》の主役達。

『陰の季節』横山秀夫  ♪♪

第5回松本清張賞受賞作なんですねーっ
表題作の「陰の季節」が。
そう、この本の中には、4つの物語があります。

「陰の…」ときたから、単純にもっとドス黒い世界かと…
最近エンタメな作品を読むことが多かったので、
ちょっとした覚悟をして読み始めたんですよ^^

でも陰は陰でも 違ってました!
社会の暗黒面的な 陰 じゃなくって、
組織の大黒柱的な 陰 だったのだっ。

陰の季節
陰の季節
モバイルの方はコチラ

D県警を舞台とする警察内部の物語。
警務課 監察課 秘書課 
にスポットライトが当たってるんですよ。

若くして人事を握る 二渡 「陰の季節」
内部の不祥事を探る 新堂 「地の声」
署内婦警を 見守る 七尾 「黒い線」
議会対策に明暮れる 柘植 「鞄」

警察組織の内部を固めるべく 任務を全うする。
恨み 挫折 企て 人情…

正直言って 事件解決モノが特別好きなわけじゃない。
だからそんなに サスペンスドラマもあまり観ないし。
そんなワタクシが、警察モノを楽しんじゃいましたっ!

もうね、人間出まくりだと思いますよー。
一般企業なんかよりも 警察ってゆー社会は厳しいっ?
その中で生き延びて あまつさえ上を狙うなら
神経張りつめちゃいますよね、コレは。

それぞれの物語にもチラチラと顔を覗かせる 二渡さん。
最初はそんなでもなかった(失礼っ)のに、
だんだんカッコよく見えてきちゃうから 不思議。
どこまで なにを 考えているのか、
計算された言動が 周囲を圧倒する。

そんなカレが 表題作では少し焦ってるんですねぇ。
むふふっ。

そういえばドラマにもなってたんですって。
し…知らなかった。


ドラマビデオ




posted by MOW at 17:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
MOWさん、こんばんわ。
横山秀夫さんは、有名な「半落ち」しか読んだことがありません。映画も見ました。とても重厚な文章を書かれる方っていう印象があります。男版・高村薫さんて感じ。
年末にNHKでやっていたドラマ「クライマーズ・ハイ」は面白かったです!佐藤浩一さんが主演で、見応えのある人間群像劇で原作はじめに読んどけばよかったと後悔しました。MOWさんは読んでたんですよね。ドラマは見ましたか?
「蔭の季節」面白そうですね。
Posted by Duca at 2006年01月18日 23:44
Ducaさん、こんばんはー。
おぉっ、「半落ち」!ワタクシまだ読んでない・観てないんですよ。とても評判がよろしいようなのでいつかはチャレンジしようと思ってます。高村薫さんって同じ系統なんですね?そうなんだ…ふむふむ。ワタクシの中で横山さんは、とっても硬派です。これで2冊目ですけど、たまぁに読みたくなっちゃう感じっ。^^
NHK「クライマーズ・ハイ」観たんですね!!面白かったんですねっ!!あぁぁ、前半しか観られなかったんですよぅ、録画し忘れてしまって…後半が大切なのに残念。小説も引き込まれますよ。ちょっこしオススメ。
「陰の季節」は短編なので、アッとゆー間に読めます。頭の切替にもイイかもですよー。
Posted by MOW at 2006年01月19日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。