2006年01月20日

昨日まで、今日、明日から。実録《脳卒中実習記》

『脳卒中実習記~医大生が倒れてから復学するまで~』
石黒勇二  ♪

どーしてこの本を読んだのかってゆーと、
先日長島茂雄さんが小学生に野球を指導してたから!
前回TVでお見かけした時よりも、
歩く姿が とってもスムースになってたんですもん。
気になるでしょ?ちょっと単純過ぎ??

もしも自分が脳卒中を起こしてしまったら…
運が良ければ 目覚めたときは病院のベッド。
その時 一瞬前までの記憶は 現役バリバリ。

何かしらの疾病を患えば分かるんでしょうけれど
前と後の違いって もの凄いですよね。


今ではメジャーになっているMRIが
東京でも何箇所かにしかなかった頃(といっても20年位前)
医学部に通う学生さんだった石黒さんは
23才の若さで 脳卒中となり倒れます。

当初入院していた病院では“精神病(!)”と確定診断され
専門病院へ行かされそうになってしまう始末…
怖いですっ。

結局しばらくしてから別の病院で脳卒中だったことが判明して
そこから リハビリ が始まるんですけれど…
良かったっ。

自分の中で 意識はあるのに
身体のどこも動かせない だから言葉も発せられない。

以前は自由に 身体を動かしていたのに
少しずつ動き始めたとはいえ 自分の思うようにはならない。

やっぱり自分がその状態になってみないと、分からないのかも。

でもね。石黒さんの精神力には感服しちゃいますっ。
慢性期に入ったら 回復の具合も遅々としちゃう中で
それでも自主訓練を含めて 1日をリハビリに費やしてる。
これって 誰でも出来る事じゃありませんよーっ。

一緒に入院している他の患者さんには、
やる気のない人たちが たーくさんいる中でですよ?!
ワタクシ 出来ないと思います。楽なの好きだし…^^;

そうそう、
副題にもあるように、医学生が倒れて復学するまでの記録なので
今実際に石黒さんがお医者さんになってらっしゃるのか
あるいは別の道に進んでいらっしゃるのか、
そこらへんが気になって 気になって…
それと、
ワタクシちょっとした専門的なことも期待してたんですけど
(倒れた後ひっぱたかれた時の自分の反応は、
     意識レベルがいくつだったんだ とか)
そういったことはなかったです。
こんな期待をしてしまった分、ワタクシの気分は♪だけど、
読んだら勉強になっちゃいましたっ!



posted by MOW at 18:31 | Comment(2) | TrackBack(1) | 読書
この記事へのコメント
2006年1月20日に取り上げていただいた本の著者、石黒です。1994年に医師免許を取得、現在は非常に幸せな毎日を送っております。とりあえず、ご報告まで。
Posted by 石黒勇二 at 2012年08月12日 22:14
石黒先生、はじめまして。コメントありがとうございます。
そして、医師免許を取得されたとのこと、遅ればせながらおめでとうございます。
実は数年前に石黒先生と同姓同名のドクターのお名前をお見掛けする機会がありました。そのときは「もしやあの本の著者では…?」と思うにとどまりましたが、今回コメントを頂いたお陰で、やはりご本人だったのではないかと思い至っております。
毎日お幸せとのこと、ワタクシも嬉しくなってきてしまいました。
幸せな気分を分けていただいて、ありがとうございます! 今日は良い日だー。
Posted by MOW at 2012年08月15日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11975491

この記事へのトラックバック

暇な時見たら面白い部門(エンタメ)
Excerpt: 今回はこんなものを評価してみました。【特命リサーチ200Xリサーチ報告】このTV番組は世の中の不可思議な事を徹底的に調べる番組でダイエットからUFO、花粉症とそのリサーチの幅は広い。このHPはその番組..
Weblog: 使える便利サイト紹介
Tracked: 2006-01-21 13:48
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。