2006年02月02日

《となり町戦争》勃発っ!アナタへの影響は?

『となり町戦争』三崎亜記  ♪♪

未読本の山をエッコラと乗り越えて。
やっと…やっと辿り着きました、この戦争に…
もーこれは“ワタクシ vs 本”の戦争だったよー。

となり町戦争
となり町戦争


それでですね、この物語なんですけど。
「ぐぉっ!ホントに戦争モノなの?!」
ってゆー、意味のない驚きが最初にガツンときちゃった。

「まさかホントの戦争じゃないよね?」
ってゆー、助けを乞う疑惑をしばらく持ってたりしたし。

「マジですか、本気だったんだ…」
ってゆー、感情のない悟りが最後には待ってたりして…。

物語を楽しむのと並行して この戦争は本当なのかって
最初から最後の方まで ずーっと考えてたんです。
だから 話を純粋に楽しんだ訳じゃないんだと思うのです。
でもね そんな楽しみ方もあるんじゃないかなって感じる。

だってだってだってぇ。
主人公の北原修路さんってば、ただの会社員。
舞坂町の“広報まいさか”に戦争のお知らせが出るまで
ワタクシと何ら変わりない生活送ってたんだもん。
となり町との戦争は始まってても 目に見える戦いがないし。

そんなカレの目を通して読むからか、
無作為に選出した住民の国家忠実度テストをしてるんじゃないの?
香西さんに見初められたカレが町グルミで恋の罠にハメラレルの?
とかなんとか、いろいろ想像しちゃってたんだよーっ!

そんなお気軽な感覚で楽しんでたから、
52ページの婚姻に関する案件は
「ぐひゃひゃひゃぁっ」ってお上品な(?)笑い方しちゃった…

そんな戦争が 現実感を伴って襲いかかってきたとき、
受け入れられるものと 受け入れなきゃいけないものと。
どこで起きてる どんな争いでも同じなんだろーか。

最初から今のワタクシたちの現実の話だと思いこんでたけど、
よくよく考えてみたら 違う世界の現実の話なんだなー。
舞坂町はこの日本にあっても、年号とかが違うしっ。





タグ:SF 冒険 ♪♪
posted by MOW at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(5) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12656075

この記事へのトラックバック

◎◎「となり町戦争」 三崎亜記 集英社 1470円 2005/1
Excerpt:  現に日本国内でも地域的戦争は起こっているわけで、今朝の新聞を見るだけでも、現象としての部分では報じられている。  まずは、戦に破れた長野県山口村の話。島崎藤村の出身地のその村が、岐阜の中津川市..
Weblog: 「本のことども」by聖月
Tracked: 2006-02-02 22:08

『となり町戦争』 三崎亜記 (集英社)
Excerpt: となり町戦争 三崎 亜記 直木賞作家をはじめ人気作家を数多く輩出している小説すばる新人賞であるが、今回で17回目を数えた。 私だけでなく年の初めに刊行されるのが楽しみとなっている方も多い..
Weblog: 活字中毒日記!
Tracked: 2006-02-02 22:32

「となり町戦争」三崎亜記
Excerpt: となり町戦争発売元: 集英社価格: ¥ 1,470発売日: 2004/12おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/01/01 すばる文学賞受賞作。これってでも..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2006-02-02 23:13

『となり町戦争』 三崎亜記
Excerpt: なにか、スッキリしない本。 なぜなら、「誰が、何のために」となり町との戦争を、 起こしたのかが、最後まで分からなかったから。 でも、それは重要ではないのかもしれない。 誰がどこで何のた..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2006-07-09 10:54

三崎亜記【となり町戦争】
Excerpt: タイトルは「戦争」なのに、戦闘シーンはひとつもなし。 でも怖い。 戦争そのものの悲惨さ・恐ろしさというより、いかにも「お役所」的な発想の冷たさや、それに対して住民が何も言えないことにゾッと..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2007-01-12 16:26
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。