2006年02月07日

頭の中が真っ青…《BLUE》。

『BLUE』ニック・ジョンストン  ♪♪

ニックさんは 音楽や映画のライターさんです。
1970年生まれ。
そんなカレが自伝を書きました。
ノンフィクション。

アルコホリック

リストカット



14才の時、初めてお酒を飲んでみた。
そしたら頭の中のブーンッという音が止んだ。
アルコールで この羽音がなくなるんなら、
お酒を飲めば この気分が良くなるんなら、
飲もう。


ある時点で
自分を肯定するために著者が書き始めたこの文章は、
容赦ない描写が続いていきます。
自分の為に書いたんだから、当然ですよね。

ワタクシはお酒に弱いから、今は進んで飲むことはない。
けど。
飲まなくちゃいられない状況に陥ったら?
その時は アルコールに強いか弱いか、は関係ないよねぇ。
だから。
自分が依存する可能性って否定はできないものなんだなぁ。

そんな時、この本を読んだことは糧になるだろーか。
そんな時、思い出す余裕があるはずないのかも???

もともとライターの人が書いたモノだからか、
告白文のような、ちょっとグチっぽい感じが
ありません。
ただただ、問題を抱えたニックという人を
描き出してます。

「ちょっと試してみようかな」
ッてゆー人は、“依存度チェック”してみますか?

家族が専門病院を訪れるところからでも、
治療を始められると知って、感動しましたっ。
覚えておこうっと。

以前聞いたことがあるんだけど、
アルコホリックは治癒するものではないし、
再発率が100パーセントに近いみたいで…

本のラストではニックに希望の光が差し始めた気はする。
気はするけど、この先は分からない。
三部作の一冊目とゆうことなので、
本の今後も、ご本人の今後も、気になるところです。



posted by MOW at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12932770

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。