2006年02月14日

抱える暗黒は《聖少年》も同じか…

『聖少年』檀上りく  ♪♪♪

この表紙と このタイトル…

聖少年
聖少年


この本を手に取ったときのイメージと
実際に読んでいったときのイメージは
まったくもって 違ってましたっ!!

母に先立たれ 父とともに暮らす
 母親似の美少年の秘めた現実 聖司(きよし)
父が出ていき 兄を溺愛する母親
 地下の防音部屋で独り過ごす 亮太
充分な小遣い 強烈な物欲の恋人
 弱い妹の容姿が気に入らない 雄介
そして…
成功した母と そこから逃げた父
 不登校でもがく多感で繊細な 薫

いわゆる“お坊っちゃん学校”の高校男子。
聖司・亮太・雄介の3人が 秘密のアルバイトの仲間に
巧く操れそうな薫を加えたことで壊れていく…

少年達の 焦り 嫉妬 無関心 心の穴
大人達の 幼さ 欺瞞 愚鈍さ 心の闇

今の時代
少年に限らず子供達のアイデンティティーはどこにあるの?
なんでも自由に選択できる社会が出来てる…
と思わせておいて、実はカレらの世界は閉鎖的。

3人(プラス1人)の仲間は、
実はそれぞれ 孤独 だったり。

「ウチって結構悪くないよね^^」って言えるワタクシでも
家族と自分との関係を 色々思い起こせるんだから、
ここに登場するカレらの 心の中は
どれほどの嵐なのか。


この物語に出てくる親達は 子供のことをキチンと見てません。
もちろん 全部理解し合えるワケはないんだけれど…
少しでも理解しようとする親になろうと
決心するワタクシです。

もちろん 家庭だけじゃなくって 社会にも問題があるし…
考えちゃう。考えちゃうよーっ。

うーん、内容が内容なだけに苦手な人もいるかもしれませんがっ!
ワタクシだって それを知ってて読んだワケじゃありませんがっ!
堪能しちゃいましたっ。

読中、ドラマ『人間・失格』『高校教師』を連想してました。
人間・失格-たとえばぼくが死んだら- DVD-BOX 高校教師 DVD BOX





posted by MOW at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

◎◎「聖少年」 檀上 りく 小学館 1995円 2005/10
Excerpt:  女子高生という職業の人たちについては、小説の中や、ドキュメンタリー的な街頭インタビューや、東京の電車内で見かける本物たちにより、その生態が少しはわかっているつもりでいる評者。いや、女子高校生という純..
Weblog: 「本のことども」by聖月
Tracked: 2006-02-15 15:19
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。