2006年02月21日

再び蘇る記憶。《ノルウェイの森》の世界。

『ノルウェイの森』村上春樹  ♪♪♪

なんだか… なんだろ…
???

去年の暮れくらいから ずっと
『海辺のカフカ』を読みたいなー」って思ってて、
読んだら今度は しばらくの間
『ノルウェイの森』が気になるな」って感じてて。

ずぅっと前に プレゼントされたその本を
大切に並べてた本棚から抜き出して パラパラパラッ。
「今かな 今なのかな そんな気がする…」

白熱灯のあったかい灯りの下だと 気付かない
蛍光灯のあざやかな明かりからは 逃れられない
そんな指さわりの良い色のページをめくりました。

10ページまで読んで 胸が苦しくなって
それでも47ページまで進んで… 本を閉じる。
「ホントかな ホントに今なのかな 大丈夫かな」

一晩眠って 覚悟を決める。
「うん、今だ。全部読んでみよう」

ノルウェイの森 上ノルウェイの森 下

物語の内容は 覚えてませんでした。
忘れたんじゃなくって 覚えていられなかったのかも?!
少なくともワタクシにとっては
あまりに現実的で 容赦のない感情が溢れ過ぎてる気がする。
でも今のワタクシは読むことができましたっ。
今の自分になることができてて良かったなぁ。
レイコさんが東京に来たときには泣いちゃったけれど。

どんな感じだったのかってゆーと。

あるときフッと目が覚めると、知らない部屋で横になっている。
障子の向こうからの月明かりが部屋をほんの少し照らしていて。
だれかの布団 だれかの枕 だれかの洋服ダンス だれかの…
ブゥンッ
畳の上へジカに置いてあるテレビが部屋の片隅で突然動き出す。
「痛いよ 痛いよ 痛いよ…」
少年なのか少女なのか分からない 小さな声でささやき続ける。
上半身の前で腕をクロスさせ裸の首から下を画面に映しながら。
そんな声を聞きながら 訳も分からず不思議と動けずにいると、
障子の向こうのベランダに誰かが立っている事に気付く。誰か。
「あぁ、これで助かった…来てくれたんだ」
そう感じて初めて理解する。実は自分は困っていたんだな、と。
そして今度こそ本当に目覚める。いつもの自分の部屋で…
  (注:あくまでワタクシのイメージで、物語は違いますよ。)

こんな感じ?ちょっと長く書いちゃったけど、こんな感じ。
これが読後の感想って言えるのかなー。
“今回の”読後の感覚を残しておきたくなっちゃったのです。

次は何年後に読むのか、その時どう思うのか、気になる作品っ。





posted by MOW at 00:06 | Comment(4) | TrackBack(4) | 読書
この記事へのコメント
読んでしまいましたね。
感想を書けてうらやましいです。
村上作品は惚れ過ぎで、書けない私。
MOWさんがとても大切に読んでくれたみたいで嬉しい。
村上春樹は私のものじゃないけれど嬉しい。
Posted by tsukiko at 2006年02月21日 01:45
そうなんです、読めたんです!
「今の自分、えらいぞっ。」とゆう感じです。
親以外の人から初めていただいた本なので、貴重!
今読んでみると、「似てる」と言われた意味が分かる…
胸が詰まっちゃいます。
そうそう、tsukikoさんの村上さんをチョットだけお借りしました。^^
事後報告になっちゃいましたけれど?!
にわかファン並みのワタクシの記事を
大村上春樹ファンのtsukikoさんに読んでもらえて、
ワタクシも嬉しいっ!!
Posted by MOW at 2006年02月21日 19:05
ああ、なつかしの19歳の春に
読んだんだよね〜。
ひっさしぶりに読んでみたくなったぁ。
Posted by ベリー at 2006年02月21日 21:55
ベリーさん、こんばんはです!
19才っ!イイ年頃ですねぇ。
でもよく読んだ年を覚えてますね。
何かがあった時なのかしら…。
もともと記憶が3才からあるから、自然と覚えてられるのかな。
う・うらやましいっ!
この物語は、読むたびに自分の感想が変わっていくんじゃ?!
と思います。
といってもまだ2回しか読んでないし、
1回目の記憶はあんまりないんですけれど^^;
Posted by MOW at 2006年02月21日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13539087

この記事へのトラックバック

12月24日物語 : I wish・・
Excerpt: 世界は辛くて理不尽なことだらけだけれども、..
Weblog: 株も読書も恋人も
Tracked: 2006-02-21 01:47

村上春樹 再掲No5 ◎◎「ノルウェイの森」上下
Excerpt: 楽しめた部分と楽しめなかった部分とがはっきりとあった物語で、評価記号をどうしようか目茶苦茶迷ってしまった評者なのである。 まず、楽しめなかった恋愛小説部分についてのみ考える。昔の友人。その友人の..
Weblog: 「本のことども」by聖月
Tracked: 2006-02-21 09:09

村上春樹「ノルウェイの森」
Excerpt: そんなとき僕は直子に手紙を書いた。直子への手紙の中で僕は素敵なことや気持ちの良いことや美しいもののことしか書かなかった。草の香り、心地の良い春の風、月の光、観た映画、好きな唄、感銘を受けた本、そんなも..
Weblog: make myself just as hard
Tracked: 2006-10-03 10:00

ノルウェイの森
Excerpt: ★★★★★ 言わずと知れた、超有名小説。 もう何度も読んでるんだけど、今回また読み直してみて1つ思った。 それは、 直子が出てくるパートよりも小林緑とのやりとりのほうが完全におもしろいと感じるよう..
Weblog: くまのブログ
Tracked: 2006-10-06 00:28
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。