2006年03月07日

土方歳三氏の生き様は…《燃えよ剣》!

『燃えよ剣』司馬遼太郎  ♪♪♪

いやいやいや、時代物ですねぇーっ。
スゴイことですよ、これはぁーっ!!
しかも読破までは長ぁい道のりでした。

時代物って いつ振りなんだろー。
前『竜馬がゆく』を読んだきがするけど…
もう内容覚えてなかったりして。^^;
あ、でもこの時も司馬さんの作品を読んでたんだ!
ちょっとした御縁ですねー。

先に言っちゃいます。
泣きました!
「うぐっ、うぐっ…」って泣きました。
このラスト、鳥肌っ!


新撰組副長 土方歳三の生涯です。


歴史苦手感を漂わせること、自他共に認めるワタクシ。
○○年に○○で○○がどうした。
とか
この時○○には○○と○○と○○が居た。
とか
そーゆー肝心なところはやっぱり頭に入ってこない。
それが 物語に関係する蘊蓄だったりすると尚更…
だいたい
TVドラマの新撰組も一度たりとも観たことないし、
真っ新な状態から この小説は難しすぎたのかも…

でも!
土方歳三の生き様、見させていただきましたよ。
もう、最高ですね。

これで新撰組のことも少しだけ知ることができちゃった。
後年は洋装していたってことも、初めて知ったし…
新撰組のドラマになるのは、池田屋の場面が多いのかな。

そーいえば、土方さんの顔思い出せますか?
ワタクシ、調べちゃいました。
「むむ?想像ほど無骨じゃないかな?でも描写通りだぁ」

この物語を読みながら、な・なんとっ!
三崎亜記『となり町戦争』を頭に浮かべちゃった。
お隣さんとの戦いは、現実のものでございました。





posted by MOW at 18:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
やー、お疲れ様、お帰りなさい、寂しかったよー、MOWっちゃん(と、馴れ馴れしくなってきました)。
お引越しは大変ですよね。
新しい環境に慣れるのもまた一苦労だと思います。 
お、歴史もんにきましたね。 
私もいまいち苦手です。
ひとり好きな作家がいますが、まだ記事にしたことがありません。 いつか挑戦をば。
引越し疲れで寝込んだりしないで下さいね。
また遊びにきます!
Posted by tsukiko at 2006年03月08日 00:47
いやーっ、tsukikoさん いらっしゃーい!!
馴れ馴れ大歓迎です^^
引越の後遺症は腰の痛みだけみたいですよ。
貼り薬サマサマでございますです。ふぅ。

歴史もんは最終的に感動しましたけど、
やっぱり苦手感は拭えないですね…残念。
史実っぽくない書き方だと嬉しいんですけどっ。
tsukikoさんはお気に入りがあるんだ。
それじゃワタクシも諦めずに開拓しよう。
記事楽しみにしてまーす!
町田康さんは歴史もんではなく時代もん??
Posted by MOW at 2006年03月08日 18:09
ほ〜!面白そう!
壬生義士伝を読んでから、時代物、歴史モノの面白さを知ったので
是非是非読んでみたいと思います。
今、となりまち戦争読んでるんですよ〜。
そのリンクぶりを検証してみたい(笑)
Posted by ベリー at 2006年03月09日 09:04
ベリーさん、こんばんはー!
読書期間が長かったこともあって
途中訳が分からなくなってましたけど、
でもラストで感動しちゃいました。
この本はオススメ出来ますねぇ^^

でも…スイマセンッ!
「となり町戦争」と内容的にリンクしているとは…
言えませんです、はい。
日本語喋ってる人たちの間の戦争ってゆー感じ?!

検証していただけると、
ワタクシ勉強になりますです、はい。(笑)
Posted by MOW at 2006年03月09日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14373229

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。