2006年04月22日

映画『ブロークバック・マウンテン』

♪♪♪
昨日久しぶりに映画館へ行って来ましたぁーっ。
2005年アカデミー賞 監督・脚色・作曲賞
ゴールデングローブ賞 作品・監督・脚本・主演男優賞
ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞、その他受賞作品!

1963年アメリカ西部 ワイオミング州。
職を求めてやって来た20歳のイニス♂とジャック♂
ブロークバック・マウンテンで2人は出逢う…

本編が全部終わって エンディング・ロールの時に、
紡ぎだされる音楽に浸りながら 涙しちゃいました。
そして帰り道 現実に戻ることができず泣きました。
車を運転しながら放心していて、とても危険でした。
もし何かが前を横切ったら避けられなかったかも…
運転変わってもらうベキでした。皆さんもご注意を!
涙したときに流れていたのは…
♪HE WAS A FRIEND OF MINE でした。

CAST
イニス・デル・マー   (ヒース・レジャー
ジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホール
ラリーン・ニューサム  (アン・ハサウェイ
アルマ      (ミシェル・ウィリアムズ


いったいココで何を書いたらいいのか分からない…
いまだに映画の世界を漂ってます。
とりあえず 映画HPのBBSで話題になっていた、
最初のセックス・シーンについて書こうかな。うん。
あらすじとかは他のところで読んでくださいねっ。

観てるときは少し唐突に感じたけれど、今は違う。
放牧の仕事をしながら互いに近づいていった2人は、
宗教的にも男性像的にも社会的に許されない感情の
自分が男性を好きだという気持ちとズット戦ってた。
自分が周囲の人々から(目の前の惚れた相手からも)
確実に忌み嫌われる対象となることへの恐怖とも。
そんな気がするんです。

だからどーしても 男っぽくて荒っぽいヤリ方に…
性欲を満たすだけの行為だ、って装うしかなかった。
ドラマ『プリズンガール』(#記事はココから)
女子刑務所内に女性同士のカップルが誕生した様に、
男2人しかいない山の中だからしょーがない、って。
それなら 後で言い訳もできるでしょ?
あの時代を生き抜く為にはそうするしかなかった。
そんな気がするんです。

それでもヤッパリ気持ちを押さえ込むことは無理で
2人の関係を模索し、発展させていく事になるんだけど…

イニスとジャックのことは胸が締め付けられるけど、
そんな2人とそれぞれ家庭を築き 人生を共にする、
家族たちのことを考えても胸がとっても痛みます。

そして現代。
ワタクシの周りにはゲイのカップルはいないんですね。
ホントにいないのか、隠れてるだけなのか。
これって結局 今も昔も大差ないって事じゃないかな。
苦しいんだろうな、ツライんだろうな、と思う。


原作はこれ!短編なのに1冊の本。ブロークバック・マウンテン



タグ:恋愛 ♪♪♪
posted by MOW at 18:00 | Comment(8) | TrackBack(6) | 娯楽
この記事へのコメント
こんにちは。TB、コメントありがとうございました。

唐突に思えた肉体関係でしたが、
後から考えると伏線が張られていて
はっとしますよね。

ラストのシャツもそうですが
すべての場面にきちんとこめられた意味があって、
「映画」としてもとても完成度が高いなぁと感じる作品でした。
もう一度見たいなぁ。
Posted by ゆづ at 2006年04月30日 16:24
ゆづさん、こんにちは。
来てくれてありがとうございます!
そうですね、伏線ハリハリですよね。
こんなに 作り方に違和感がない映画は久しぶりでした。
ツッコミ所が見つからないってゆーか^^
また観たいですねーっ。
DVDが出たら 借りちゃうかもしれません。
いやいや、買っちゃうかもしれません!
Posted by MOW at 2006年05月01日 17:29
TBありがとうございました。
この映画は、あとひく映画なんです。
見終わった直後は、放心状態で、
気持ちの整理がつかない・・
それは、イネスとジャックの関係を
頭で理解するには、時間がかかるけど、
感情は、すでに何かをつかんで、
ザワザワしてるような、そんな気分にさせられる映画です。
だからちょっと経ってから、あの音楽を聴くと涙がでてくるんですよね。
そしてその切ない余韻は暫く残るのです。
こんな気持ちにさせてくれる映画は今までありませんでした。
Posted by nomad at 2006年05月02日 14:28
nomadさん、来てくださったんですね!
ありがとうございます。

本当に あとひく映画でしたよね。
いまだに少し引きずったままで生活していますっ。
途中で感動して泣いたことはあっても、
今回の様にエンディングで涙が伝ってくることは
初めての経験でした!
やっぱりまた観たくなってしまいますよね。
Posted by MOW at 2006年05月02日 18:23
レビュー読みました。
ほんと後を引く映画ですね。未だにいろんなシーンが浮かんできます。
あまりにも唐突なあのシーン。でも私も今思うと あの孤独な厳しい自然の中で唯一 心を許せる二人だったにではと・・・露骨な描写や直接的なセリフもなく男二人の繊細な感情をすくいとっていく。。二人の家族のことを思うと 胸が痛みますよね!二人のシーンを見てしまった妻の想い。
いろんな人の気持ちが どんどん静かに響いてくる。印象的な映画となりました。
私からもTBさせてくださいね♪
Posted by yoko at 2006年05月07日 07:25
yokoさん、こんにちは!
どうもありがとうございますっ。
そうなんですよね。ホントに後引く映画なんですよね。
観てるときは、セリフの少なさとか上映時間の長さとか
そういったものが全然気にならなかったんですよ。
それだけ考えても スゴイ映画だったなぁ、と思います。
とりあえずサントラ聴いてみようかな、
なんて、そんな気にさせられてしまっています!
Posted by MOW at 2006年05月08日 16:57
TBとコメントありがとうございました!
この映画は私が今まで観てきた映画NO.1となりました。
みなさん後引く映画だとコメントがありますが、ほんとその通りでしばらくパンフを開いては涙の日々が続きました(笑
DVDの発売が楽しみです。
でも、映画館でのあの音楽とともに観た感動は味わえないかな?
Posted by mayumi at 2006年08月03日 02:55
mayumiさん、こんにちはー^^
こちらこそ ワタクシの記事を見つけだしてくださって
ありがとうございましたぁ!
他の方の感想を読まずに 自分の記事を書いたんですが、
後に引いちゃってる人が多くて ビックリしたんですよっ
ワタクシもいまだに 思い出しちゃうくらいです…

DVDで アノ感動を味わえるかどうか…
いやーっ!難しいでしょうか、やっぱり?
音響に凝ってる友人の家で DVD鑑賞させてもらおうかな。
Posted by MOW at 2006年08月03日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16903202

この記事へのトラックバック

「ブロークバック・マウンテン」
Excerpt: 「ブロークバック・マウンテン」  公式サイト 劇場鑑賞 ゆづの好き度 ★★★★★(満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年3月4日初公開  上映時間134分 鑑賞..
Weblog: ●○ゆるゆるシネマ感想文○●
Tracked: 2006-04-30 16:24

??????若???????????祉??????潟????
Excerpt: He was a friend of mine.
Weblog: ????????????羇
Tracked: 2006-04-30 20:21

ブロークバック・マウンテン/イニスとジャック
Excerpt: この映画を1週間前に観たのですが、自分の感情と理性がうまく整理できず、 なかなかレビューが書けませんでした。 これはストーリーだけを追えば、とても、シンプルなラブ・ストーリーなのですが、 あまり..
Weblog: The House of Nomad
Tracked: 2006-05-02 14:30

ブロークバック・マウンテン
Excerpt:   ヒース・レジャー  ジェイク・ギレンホール ☆☆☆ 1963年、ワイオミング州の牧場で出会ったカウボーイのイヌスとジャックは やがて愛し合うようになる。明るい性格のジャックと無口なイヌス。..
Weblog: yoko's cinema blog ☆ since2005
Tracked: 2006-05-07 07:26

『ブロークバック・マウンテン』 ☆今年36本目☆
Excerpt: 『ブロークバック・マウンテン』 公式サイト:http://www.wisepolicy.com/brokebackmountain/原題:BROKEBACK MOUNTAIN製作:2005年アメリ..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2006-05-12 07:23

『ブロークバック・マウンテン』
Excerpt: 監督:アン・リー 出演:ヒース・レジャー ジェイク・ギレンホール カウボーイ同士の普遍的で純粋なラブストーリー。
Weblog: cinema*cinema
Tracked: 2006-08-03 02:52
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。