2006年05月09日

TV『禁断の聖書 テンプル騎士団』

キリスト教の歴史を紐解くシリーズ 第1話
♪♪
先日に引き続き キリスト教のお勉強っ!
またまたNATIONAL GEOGRAPHIC CHANNEL

テンプル騎士団って聞いたことあるけどー。
『ダヴィンチ・コード』には出てたけどー。
あれは小説だし 本当は何なのか知らない…
ってゆーことで 観てみましたよ。

わずか9人から のちに数千人を擁するに至った
カレら テンプル騎士団!
聖地の守護と巡礼者の安全を守る修道騎士団で、
修道士であり 戦士でもあるとゆう…(矛盾?)

9年間も地下トンネルを掘っていたそうで、
そこで何かを発見して 強力な力を得たらしい。
聖杯を見つけたんじゃないかとも言われてるんですね。

聖杯の意味するところは 諸説があって、
・イエスを刺したヤリ・最後の晩餐の杯・天から来た石
・洗礼者ヨハネの頭・イエスの血脈など。
血脈は、マグダラのマリアと結婚したイエスの子孫で、
それ自体が公にはする事が出来ない秘密 = 聖杯なの。

そんなテンプル騎士団の最期は…
フランス国王フィリップ4世が英国との戦争で負った
多額の負債が原因だったりするんですよ。(あくまで一説?)

その債権者が金融業も営むテンプル騎士団だったのです。
負債を一掃するために 国王が冤罪で逮捕しちゃう!!
・キリストの否定・入会式の時に尻にキスした(なに?)
などの 127個の異端の罪を被せたんですねぇ。
 1305年10月13日金曜日。迷信13日の金曜日の起源!

拷問から自白(冤罪だけど)に至った際の供述書は
これまた不思議なもので…
奇妙な物体を崇拝していたって言うんです。

ヨハネの頭だとか バフォメットだとか。
バフォメットの意味にも諸説があって、
・モハメッドと読む
・悪魔の石像を示唆している = テンプル悪魔崇拝説
・暗号として考えるとソフィア(英知)となり、
 原始キリスト教グノーシス派の世界創造の女神
・同様にソフィア = マグダラのマリアとなり、
 血脈を受け継ぐ者(聖杯) など。
まぁ、どれにしても異端として扱われちゃうけれど。

1314年 騎士団総長ジャック・ド・モレー処刑。
そしてテンプル騎士団正式解散。200年の歴史に幕。
カレらの財宝は その時消えてなくなったんですよ。
謎だ…謎々だ。

でもね。生き残りがいるはず説もあるんです。

そこで出てくるのがスコットランドのロスリン礼拝堂。
(これも『ダヴィンチ・コード』に出てきてたような)
1446年ウイリアム・セント・クレア建立のこの建物、
テンプル騎士団に通じると思える作り方らしいのです。
「解散から随分経ってるのに 何の意味があるのか?」
もしかしたら何かを隠しているのかも?
ってことですよねー。
建物崩壊の恐れがあるから、発掘は出来ないそうで…
ここにも謎がまたひとつ。

それにね。
テンプル騎士団を作った人の奥さんの血縁が、
フリーメーソンの会員として実在していたらしい!
「騎士団の生き残りが地下組織となって、
 フリーメーソンに至ってるんじゃないか?」
ってことなんですよー。
じゃぁ、あの時消えた財宝は フリーメーソンが?
またしても謎。謎だらけだぁ!

ワタクシが知らないだけだと思っていたことが
実は歴史的に見ても いまだに謎のままなんだ、
って分かっただけでも 番組を観た甲斐があったよぅ。
謎が謎を呼ぶ 謎のベールに包まれたテンプル騎士団。
うーん…ホントはどうだったんだろうぅ。

ワタクシの個人的な備忘録になっちゃいましたっ。
だって こうでもしないとスグ忘れちゃうんだもん!
ここまで読んだ方、お疲れさまでした ^^





タグ:雑学 歴史 ♪♪
posted by MOW at 08:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
突然申し訳ありません。
ブログサーチ&コミュニティ【ぶろぐひろば】です。
http://bloghiroba.com/blog/
貴サイト様を拝見し、是非当サイトにご参加いただきたいと思いコメントさせていただきました。
できたばかりのサイトですが、皆様のアクセスアップの少しはお役に立てるよう努めてまいりますので、ご参加をご検討くださいませ
Posted by ぶろぐひろば at 2006年05月09日 11:47
こんばんはー
ダ・ヴィンチ・コードを読んだので、テンプル騎士団もちょっと気になりますー。
こういうの、キリスト教の人が見ると受け取り方とか違うのかな?なんて思ったりしました。
Posted by ぶっか at 2006年05月09日 22:14
ぶっかさん、おはようございまーす。
2日続けて 朝の更新をしてみました、MOWですっ。
そうそう、ぶっかさんも読んでましたよね。 文庫になると一気に量が増えた気がするのは…なぜ?
そうですよねぇ。自分の背景によって いろんな風に解釈できるのかもしれませんよね。
同じキリスト教徒でも受け取り方は様々だろうなー、なんて。
今回のこの放送も、全部が決定的ではないんだと思います。
論文みたいなモノで 見たいところを見て結論をだす感じ?
面白かったですよーっ!
Posted by MOW at 2006年05月10日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。