2006年06月05日

ゴニョゴニョ《しゃべれども…しゃべれども》ゴニョゴニョ。

『しゃべれどもしゃべれども』佐藤多佳子 ♪♪♪

つくづく思い出すのは 小学校の時。
生徒会の副会長に立候補してしまった友人の
応援演説をするために 舞台に上がったのです。
全校生徒の前で 体育館のステージへ。

ワタクシ不覚でした。未熟でした。
まだ自分自身のことを分かっていなかったのです。

当然のことながら頭の中はマッシロケェーッ!
何を喋ったらいいのか分からなくなってるのに
何かを喋らなくちゃいけないのも分かっていて
「この人は 良い人です!」 みたいなことを
エンドレスでぶちまけていた記憶があります…。
まったくもって消えてしまって良い記憶です…。

その友人は無事当選したようなので(記憶薄弱^^;)
なんとかホッとひと安心なんですけれど
ワタクシの応援演説中に見せた「えっ?!」という
露骨に不安気な表情は 忘れません。ごめんよ…。

てゆーか、立候補した本人の演説がなかった気が…
だったらワタクシも立候補しておけば 楽だった?
演説しないで済むしぃ どぅせ落選だろうしぃー。

そーいえば この前もチラッとネタにしてしまった
結婚式の話を思い出してしまいました。
友人の結婚式で 友人代表祝福のスピーチあるでしょ?
あれを「友達なんだからお願いぃー!」と言いながら
頼んできた新郎新婦に向かって、
「友達なんだったらお願いぃーっ!勘弁して!!」と
逆頼みしたという経歴を…ワタクシ持っています。

何が言いたいのかというと…!!
この『しゃべれどもしゃべれども』という物語には、
人前で喋ることになんらかの問題を抱えてる人々が
登場するんですねぇ。
ゴニョゴニョしちゃう所が とっても親近感っ^^v
そんな人たちが 人前で喋るのが仕事の落語家さんに
「まんじゅうこわい」のお噺を習うんです。なぜか。


ワタクシが話し下手だから 単に感情移入し易かったのか、
泣き・笑い で面白かったのです。
P312 でチョット感動しちゃって、
    「流れてる音楽が良かったのか?」と疑い、
P317 で思わず嬉し泣きしちゃって、
    「あぁ、この本にハマッたのか…」と気づき、
「馬鹿の上に馬鹿がついちゃうくらいの馬鹿になるのも
 もしかしたらイイものかもしれないよねぇー」
と感心してしまう。そんな落語の話し。
「イイかもしれないって…ちょっとMOWさん、アナタ…
 もう既に そーなっちゃってますけどねぇー」
との意見は無視っ!そんなワタクシの今日この頃。

本の紹介には まったくなっていないと思うんですけど
なんとなく こんな感じ、分かってくれますかっ?!






posted by MOW at 07:50 | Comment(9) | TrackBack(2) | 読書
この記事へのコメント
 はじめまして。ブログピープルでコチラの記事を見かけてやってきました。
 私も最近、この本を読んだのでTBさせていただきました。よろしくお願いします。

 余談ですが、私もジェイク・シマブクロさんのウクレレの音大好きですvv
Posted by まろ at 2006年06月05日 13:48
こんにちは〜。

人前にでるとまったくはなせなくなるんですよねぇ。あれはなぜなんでしょうか><

なかなかおもしろうな作品ですね。今度手にとってみよ〜。(っていつのことになるのやら・・・)
Posted by kbb at 2006年06月05日 15:46
こんばんはー!

>まろさん
はじめましてです。来ていただいて嬉しいです^^
今まろさんのブログにオジャマしてきましたが、
まろさんも楽しんで読んだみたいですねーっ。
ワタクシも佐藤さんの他の作品に興味が出てきました。
ジェイクウクレレは もースゴイの一言です。
今度日本でライブをするような噂を聞いたんですが…行きたい!

>kbbさん
kbbさんも 人前は苦手な感じですかっ?!
もぅホントに人前は大変!脳ミソ空っぽですよねぇー ^^;
この本、面白かったですよ。
まろさんの記事で知ったんですけど、映画化決定だそうで、
そこのところも気になってきました。
お互いに積ん読増量中に大変ですけども
機会があったら試してみてくださいねー!
Posted by MOW at 2006年06月05日 20:37
 二度目まして。再び失礼します。
 早速、ブログに遊びに来てくださってありがとうございました。

 映画については、青春映画になるそうですよ?
国分太一、共演者は香里奈、伊東四朗、八千草薫、森永悠希、松重豊ら。5月1日クランクイン。来年公開予定。

 らしいですよ。

 
Posted by at 2006年06月05日 21:20
済みません↑の記事私です。
Posted by まろ at 2006年06月05日 21:22
まろさん、二度目ましてぇーっ。
そうなんですか。主演が国分くんなんですね。
伊東さんが師匠、八千草さんが祖母、香里奈さんが黒猫になりそう。
教えてくれてありがとうございますです!
今 まろさんのところを覗いてきたんですが(覗いただけ^^;)
たしかに青春映画ってイメージ違いますよねぇ…
もうちょっとこう…パッとしない感じ??(失礼っ)
原作とは違った意味での楽しみ方を期待しちゃいますね!
^^
Posted by MOW at 2006年06月06日 17:00
こんにちはー。

やっと読むことができました。遅くなってすみません。この記事を読んですぐに読めばよかった!なんてちょっと後悔しちゃうぐらい読後感はさわやかになれちゃいますね。

P317でたぶんまさに同じセリフ(だと思います)で目に涙が貯まってしまいました。電車の中だったから困っちゃったんだけどね(笑)
Posted by kbb at 2008年03月01日 12:49
またまた、こんにちは。
最近TB送れないですよねぇ。。。

もういやになっちゃう><
Posted by kbb at 2008年03月01日 12:52
kbbさん、こんにちはです。
読んじゃいましたね?さわやかになれて良かった!
というか317のセリフが記憶の彼方へいってしまいました…
たぶん馬鹿の話だと思うんですけど。(* ̄m ̄)

TBまた送れないんですね?!なんでだろう。
一応自分の設定を確認してみたんですけども
特に変なフィルタもかけてないんですよーっ。
今回も記事中にリンクを貼らせていただきましたので、
どうかご勘弁を!そしてまたの挑戦をお待ちしています!
Posted by MOW at 2008年03月01日 14:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

しゃべれども しゃべれども 佐藤 多佳子
Excerpt: しゃべれども しゃべれども佐藤 多佳子 (1997/08)新潮社この商品の詳細を見る  夏目漱石の「坊っちゃん」をそのまま写したような噺家がひょんなことから、吃音の従弟、口下手の美女、苛
Weblog: 流星シラップソーダ
Tracked: 2006-06-05 13:45

しゃべれどもしゃべれども 佐藤多佳子
Excerpt: しゃべれどもしゃべれども この本はCiel Bleuの四季さんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 はじめての佐藤多佳子さん。うん。文章は正統派という感じ..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2007-07-07 22:16
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。