2006年06月10日

アナタの中の《いとしい》感情って、どんなの?

『いとしい』川上弘美 ♪♪♪

ねじれたり 膜が張られてしまったり
 この現実のモノとは とても思えない。
それなのに
くるしかったり 解放されてしまったり
 いつもの日常にしか 感じられない…。

そんな世界は『海辺のカフカ』(#ココ)にもあったかも。
もちろんぜんぜん違う内容なんだけれど。


もしかしたら ミドリ子って…
ものすごぉーくうらやましい子なのかもしれない。
 心を身体で表現できて(意図してはいないかも)
 ニンギョさんはキチンと埋め合わせしてくれるし
 その上一番したいように できちゃったんだし…
でもホントは ミドリ子って…
とぉーーっても普通の女の子だったりして。
 現実世界に対して心が感じたことって、
 結構自然に 身体に反応としてでるものだろうし
 望むモノがモノだけに ストレスは大きいのよね。
 意識しないで計算できちゃう女の子そのもの??

というか…
こんなことをイチイチ考えていてはイケナイ気がします。
ただただ オトヒコさんのような人に愛されたら…
いいなぁ。シアワセだなぁ。って感じちゃいます。

いろんな いとしい が詰まってるんですね。この本には。

と。
読んでなきゃゼッタイ意味の分からない文章を書いてますが。
川上さんの作品を 読みながらいつも感じるのは、
「これは一体いつの時代の日本なのかしら」ということ。
今回は チダさんとユリエ姉さんが自動販売機を探す所で
「おぉっ!自販機がある時代なんだな、これは!」と…。

それに読んでいるときには、
読み終わるまでズーット自分の周りの世界が停滞します。
タプンタプンしてる中に 沈んで動かずにいるみたいな…。
それともこの前発熱していたときと同じような感覚かしら。

うーん…今回はとっても気持ちよかった…。

これじゃ全然本の紹介になってないよ!と思ったら、
ワタクシが読みたいと思うキッカケになったところ
#tsukikoさんの記事へココから飛びましょうよっ。





タグ:恋愛 ♪♪♪
posted by MOW at 07:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
MOWさん、こんばんは。
私の記事へ飛ぶようにしてくださりありがとうございます。 
しかし、私の記事も紹介になってはいないような・・・。  
もう、この川上さんの雰囲気は、作品を読んでもらうっきゃないですよね。
そしてみんなで気持ちよがりましょう。
Posted by tsukiko at 2006年06月11日 22:01
tsukikoさん こんにちは。
tsukikoさんの記事を読むと 紹介されたその本を読みたくなるんですよねぇー^^ 
いつもありがとうございますです。
そうですよね、みんなで読んで 川上さんの世界に浸るしかないですよねっ。
次の作品が楽しみになる、そんな感じでした。
Posted by MOW at 2006年06月12日 16:59
わたしの中のいとしい・・・。
いとしい=愛おしいなの???
まっ、いっか(笑)
出産するまでは、ハズバンドはいとしかったと思います。
しかし、出産後は娘と交代しました。
いとしいという感情は、今のところ母性を感じる事。
なので職業、柄沢山の動物達を見ると
毎日愛おしくなります(笑)
ハズバンドは、今でも大切な人で強い絆があると思いますが
子どもとは違う、同士のような愛を感じてます。
Posted by ベリー at 2006年06月17日 23:37
ベリーさん、こんにちはです!
そうそう、愛おしいです。だと思います。そうだと信じたい…。
まっ、いっか^^v
ってゆーか 爆弾発言?!出産ってやっぱり大きな出来事なんですね。
同士がいたら心強いでしょうねぇ。ちょっと羨ましいっ!
動物病院へ来る動物たちは さぞかしカワイイでしょう。
生後間もない子なんて そのまま持って帰りたくなってしまうのでは…?
毎日誘惑に惑わされそう。
Posted by MOW at 2006年06月19日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19069730

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。