2006年06月11日

映画『LIMIT OF LOVE 海猿』

♪♪
ちょっとぉー。観ましたよぉー。海猿ぅー。

思えば昨年放送していたドラマも観ていて、
仲村トオルさん演じる池沢さんに涙だったのに…
このブログでは特に記事化することもなくいました。
面白かったです。ドラマ。

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX 海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX
モバイルの方はコチラ

そして最終章なる この『LIMIT - 』!
世の中のみんなが行列を作ってデモも起こして
『ダ・ヴィンチうんぬん』に盛り上がる…今っ!
今こそ、海猿なのですよっ。ふっふっふっ^^

…と思いながら劇場へ行ってみたら。
あらまぁ。客入りが良いんじゃないですか?意外と。
みんな覚えていたんですね、池沢さんのコトをっ!!
ワタクシそれだけでも嬉しいですよ。みんなアイシテル!


今回は 最終章だけあって、
大輔君と環菜ちゃんの恋愛模様も極限ですよねぇ。
いつものように(?)仕事のことで落ち込んで
人間性を追求してしまう大輔君なんですけれども…
もー、決心つくのか!大輔君っ!
というか今まで何度も心に決めて来たはずなのに!!
そんな大輔君に ワタクシ親近感です^^
人間だものぉーっ。

そんなこと言ってても、人命は救助しなくちゃです。
鹿児島で大型のフェリーが座礁。出動ですっ!
仙崎大輔君はとてもカッコヨクなっちゃいましたね。
そしてドラマ『EVOLUTION』で潜水士となった吉岡君。
カレが大輔君のバディです。

大がかりなセット 盛り込んだCG 決死の水中撮影
乗り合わせた環菜 取り残された乗客 人間模様…

以下ネタバレ(反転すれば読めますです。)
良いんですけど 面白かったんですけど
吉岡君が取り残された後、沈没まで時間もないし
ボンベにある酸素だってたくさんじゃないのに、
悠長に「迎えに来るぞ」とかお別れしてるし…
水に呑み込まれながら吉岡君が救助を待ってるのに
ながながと電話で環菜とお話しちゃってるし…
盛り上がる場面を作んなきゃなのはわかるんだけど
ワタクシは ずーっとずーっと
「吉岡君が死んじゃうじゃないか!早くっ!!」
と そればっかり考えてました。^^v
だから泣きはしませんでした。残念ながら。ぐすん。

まぁ、あれですね。
「チェック・イィーンっ!」とか言っちゃうノリなのに
映画音楽が壮大過ぎるんじゃないか、なんてことも
実はシリーズの最初から考えてました。へへへ。
あら。これはネタバレじゃないですね。
でも…


面白いんですよ!楽しめるんですよ!!


LIMIT OF LOVE 海猿 オリジナル・サウンドトラック

LIMIT OF LOVEのノベライズがあるんですね LIMIT OF LOVE 海猿




posted by MOW at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19104363

この記事へのトラックバック

LIMIT OF LOVE海猿-桜島を望むロケ地旅物語
Excerpt:  映画、ドラマ、そして新たなる映画へと場所を移し展開する「海猿」物語史上最大の海...
Weblog: ロケ地ドットコム
Tracked: 2006-06-11 01:34
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。