2006年06月26日

《武蔵丸》ちゃんは、人が羨ましかったかしら…

『武蔵丸』車谷長吉 ♪♪

この前読んだアンソロジーに入ってたんですね。
表題作の「武蔵丸」がっ。
それで 文庫の『武蔵丸』も読んでみましたっ!

「白痴群」
「狂」
「功徳」
「愚か者」
  ふうせんかずらの実
  ママのおともだち
  絵はがき
  すいか
  つまようじ
「武蔵丸」(27回川端康成文学賞受賞)
「一番寒い場所」  (収録順、6作品)


「狂」の中に出てくるんですけど、車谷さんは…
三島由紀夫自刃をキッカケに 25際の時文筆開始。
というコトは、先日ワタクシが読んだ#『春の雪』
豊饒の海シリーズの後ということですよね?
そーかぁ。じゃぁアッチも全部読まなくちゃ?ダメ?

それはいいとして、車谷さんは私小説作家さんですっ。
だから個人名なんかが普通に出て来ちゃいますっ。
それで…それで…エッセイっぽくなってしまうと…
ワタクシ今はそんな気分でもなかったみたいです^^;

だから今回は「白痴群」「愚か者」「武蔵丸」の
3作品が好きでしたぁ!
「白痴群」は 町と村の生活に揺れ動く子の話だし、
「武蔵丸」は カブトムシを飼う話だし、
「愚か者」は 人間の屑である文士(「狂」より)
       の 車谷さんの話なんですけど。
なんというか…
「車谷さん、生きててくれてありがとうございます!」
と思います。
物事を こんな風に感じ取るヒトが
よくぞ 生存の道を選び続けたなぁ。と…
それくらいに黒と灰色の間を漂う感覚でした。

でもね。特別じゃないんですよ。
自分のなかにあるんだけど 見られたくないものかも。
P108のセリフ「もうおばさま厭やッ!」を読んだとき、
ワタクシ明るさに欠ける含み笑いをしてしまいました。
ぐふんっ って…。
あぁ 自分がコワイ(><)

こんなことばっかり考えてる人間よりも、
カブトムシの“むさちゃん”の方がシアワセなのでは?!
むふぅ。





posted by MOW at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。