2006年07月11日

ドラマ『CSI:2 科学捜査班』

♪♪♪

あわわわわ。
とうとうシーズン2を観終わっちゃいました。

なんといっても このセカンドシーズン、
第22話の「ベガス・マイアミ合同捜査」
要注目!ですよねぇー!

このとき活躍するキャサリンは、
とーっても輝いていて クールなんですっ。
マイアミのホレイショにも負けてませんよ。

まだ1も2も観てない人は
少しネタバレになっちゃうかも?覚悟してね。


キャサリンってば CSIを目指す前の職業が
ダンサーだったんですよね。
だからかなぁ。
人生経験が豊富なだけあって すごい大人!

主任が 仕事中毒 虫狂い なもんだから
人の感情を巧く汲み取ってくれる彼女が
なにかと チームをまとめてくれちゃう。

このシーズンにはチームの危機が訪れるのだ。
主任のグリッソムが 事件解決のための実験・解析
それだけしか目がいかなくなった時。
スタッフの1人が 欠けてしまいそうになるのを、
キャサリンのアドバイスでなんとか切り抜け…ふぅ。

そんなキャサリンは、一人娘の母親
だから被害者に女の子が関わってくると
とっても とってもエキサイトしちゃうんです。
「合同捜査」の時も、元警察署長の娘サーシャが
行方不明になったってゆーから、もぅ大変っ!!
なにがなんでも 事件を解決させちゃいますよ!

キャサリンは、CSIグリッソムチーム全員の
姉であり 母であり 大黒柱なんじゃないかと思うっ!

そしてそして、シーズン2最終話。
グリッソムが佇んでいたのは 病院の待合室
なに? いったいどーなっちゃうの?
あぅ。シーズン3まで持ち越しなのね…気になるぅ。

CAST:今シーズンからレギュラー入り
検死官 アル(ロバード・デヴィッド・ホール)
研究員 グレッグ   (エリック・スマンダ





posted by MOW at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。