2006年07月30日

ドラマ『生存者』


前にも記事にしてしまった『X-MEN』とか、
ワタクシどぅも この手のものが気になるぅ…
そいえば映画『X-MEN 3』がもうすぐ公開っ!
サブタイトルがLAST STANDって…えぇっ?!
3部作だったんですか?終わっちゃうのぉーっ?


そんなこんなで このドラマですけども。
ドラマにしては短いんですよ、なんと全4話っ。

ある時、飛行機が墜落!
乗客330人の命は 絶望視され、1年が経つ。
新聞記者だったジョーは、この事故で…
最愛の妻と娘を一度に失ってしまった。
たとえ何年が過ぎ去ろうとも
風化することのない 彼女たちの記憶。
ジョーはまだ 前に進めない。
ある日 娘の墓石を写真に撮るローズに遭遇!
愛娘ニーナのために ワケも分からず巻き込まれ、
信じられない事実を 追いかけるはめに…


ありがちな話かもしれないですか、これは?
ワタクシ他の映画とかでも 似た物語を観た気が…

隠された陰謀 利用される純粋なハズの子供
こんな設定は たくさんありますよねぇ。

でもね。
このヒッパリ方、ワタクシ好きな感じですっ。
観ているコッチも ジョーと一緒に翻弄されちゃう。

作品の長さも ちょうどイイかもしれませんよね。
これ以上短ければ ムリヤリこじつけるだろうし、
これ以上長ければ 中ダルミになる危険が大だし。
なんのヒントもなしにヒッパレるのは コレ位っ。

それに 結末が見えすぎていないところも 好き。
もしくは それが見えてても納得できるからイイ。

なんだか、ストーリーの細かいところを言うよりも、
通して観ると 無性に哀しくなるドラマでした。 (><





posted by MOW at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。