2006年09月08日

ミュージカル『シザーハンズ』

2006.08.26(土)6:00PM
ゆうぽうと簡易保険ホール 1階11列

シザーハンズ1.jpg シザーハンズ2.jpg


DIRECTOR:マシュー・ボーン
CAST:
エドワード・シザーハンズ(サム・アーチャー)
 これだけで 勘弁してください。
 忘れちゃいましたぁー!
 ダブルキャストが多かった…

STORY:
バリバリバリッ! ある日の落雷。 鋏を持つ少年の死。
そして とある城の中。 風変わりな天才発明家が創り出す。 それは未完成の少年。 鋏の手を持つエドワード。
城を出て 町へ降りてきたカレ。 容貌に関係なく迎え入れる住人。 キムとの出逢い。
しかし鋏の手では触れることもできない。 抱きしめることもできない。


パンフレットのあらすじを読んでいて、
ワタクシ初めて気付いちゃいましたっ!
エドワードは未完成だったのか…( ̄ー ̄;

まぁ まぁ それはいいとして。
マシュー・ボーンですね。
実は(とゆーほどでもないけど)ワタクシ、
カレのサインをもらったことがあったりします。
『プレイ・ウィズアウト・ワーズ』を観たときに
カレが客席に居たらしくって…
目ざとく気付いた人々に囲まれているカレの所に
野次馬根性で紛れ込んでみました。おほほほほ。

なんでこんな思い出話を語ってるかとゆーと??
今回のミュージカルは あまり好みでなはかった…

ものすごくファンタジーだったんです。
エドワードの苦悩はあまりなくって、
あっとゆー間に人に受け入れてもらえちゃう。
もちろん、いろいろあるんだけれど
ワザとそれを描いてはイナイってゆーか…
だから子供から大人まで観ることができると思う。

だけど
ワタクシのイメージの中の『シザーハンズ』は、
“闇の中のエドワードに明が差し込むことで感動”
ってゆーものだったんです。
もっともっとダークな中に 少しの希望みたいな?

こんなこと言ってますけど、
終わった後の拍手はとっても盛大で、
みんな身を乗り出すように叩いてましたから
マシューさんの世界が広がってることはマチガイナシ!

ティム・バートンは どー思ってるのでしょー?!

久しぶりに更新したら
本の話題じゃなかったりして ごめんなさい
備忘、備忘っ (^∀^)



ギフトBOXシザーハンズ <製作15周年 アニバーサリー・ギフトBOX>
映画 サントラシザーハンズ




タグ:恋愛 ♪なし
posted by MOW at 01:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
なんですとぉ〜?
シザーハンズのミュージカル???
いいなぁ〜☆さすが東京はいろんな舞台が見られるんですね。
しかも、シザーハンズ!
最近また映画見て見よっかな?と
思っていたところです。
Posted by ベリー at 2006年09月08日 19:53
べりーさん、こんばんは。
そうなんです。シザーハンズ!
タイトル聞くと 興味津々ですよね。
ワタクシ映画の内容をあんまり覚えてないんですが…
ちょっとばかし感動した記憶があります。
えぇ話やのぉ〜
Posted by MOW at 2006年09月09日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23425509

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。