2006年12月24日

映画『NOEL』


もーっっっっ!
クリスマス・イブじゃないですかぁっ!
みなさま いかがお過ごしですか?

ちょっくらクリスマスらしいものでも…
と思ってこちら!



 今日はNYの街もクリスマス・イヴ。
 バツイチ独身のローズは ここ数年
  家と会社と母親の入院先を巡る日々…
 結婚を控えたニーナは もうずっと
  婚約者マイクの超独占欲に悩む日々…
 噂のマイクは ニーナへの愛し方を
  疑うことなく 邁進する覚悟の日々…
 人生で ジュールズが思い返すのは
  14才の時、病院でのイヴ・パーティ…
 カフェでマイクをひと目見た時から
  アーティの心は 真実で一杯になる…
 ローズの母親と隣り合わせの病室に
  初めて訪れた見舞客。 彼は一体…?

ワタクシ、この映画を観ながら想い出してたのは
映画『ラブ・アクチュアリー』!
どうしても比べちゃって、
どうしても『ラブ-』の方が好きでした。

でも
クリスマス・イヴに 訪れているかもしれない、
そんな奇蹟を感じる。
ガラスのエンジェルに秘められた意味を知って、
今からでも手に入れたくなる。

やっぱり心にポッと明かりが灯るような、
そんなあったかいものがあったらいいな。
そーゆーのを信じて今日と明日すごしたいな。
そんな風に感じる物語。

CAST:
ローズ (スーザン・サランドン
ニーナ (ペネロペ・クルス
マイク (ポール・ウォーカー
アーティ(アラン・アーキン




posted by MOW at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。