2007年01月08日

映画『博士の愛した数式』

♪♪
原作を読んだ時の感情が長い間心の中に住み着き、映画化されてからも その気持ちが荒らされてしまうのを怖れて見ることができませんでした。 そして今回、意を決してプレイヤーの再生ボタンを押す。
どうしよ、どうしよ、始まっちゃったよ…
( ̄ー ̄;アゥー

 突然起きてしまった交通事故が原因で
 記憶を80分しか保てなくなってしまった博士と
 今度新しく博士のところで働くことになった
 女手ひとつで10才の男の子を育てる 家政婦と
 初めて博士と会った時からルートと呼ばれた
 その家政婦の子ども。

 3人はお互いに気遣いながら
 貴重な時間を過ごし始める…

 博士の義姉は その時何を思うのか…??

CAST:
博士    (寺尾聰
家政婦杏子 (深津絵里
息子ルート (斎藤隆成
大人のルート(吉岡秀隆
博士の義姉 (浅丘ルリ子


たとえ原作を既に読んでしまった人でも この映画は楽しむことができるんじゃないかな。 それくらい両者は違う気がします。 もちろん登場人物の設定や ストーリーの流れは同じなんだけれど。

博士の義姉の存在が映画の中では大きくなっているんですね。 そして博士との関係や その時の感情などが 映画を観ている側へ 明確に伝わってくるのです。 原作を読み込んだ上での 解釈と表現 とゆーことになるでしょう。 その分、家政婦とその息子ルートとのやり取りが どうしても浅くなってしまうわけですが、 もともと原作にあるような濃密な関係を映像で表現することは難しいんじゃないかとも思ったりして。 そんなこんなでワタクシ、イイ感じで受け止めることができました。

原作では キリッとした潔い美しさを。
映画では ホワンとした優しい情景を。
それぞれに楽しむことができるんだと思うと、
小川洋子さんと 小泉堯史監督に感謝ですっ。

もしかしたら…
浅丘ルリ子さん以外のキャスティングからして ワタクシのイメージとはかけ離れていたために 逆に原作を意識せずに観ることができたのかもしれません。
おぉー、そうかも。 書きながら自分で自分に納得しちゃいましたYO!
(o ̄∇ ̄o)





タグ:友情 ♪♪
posted by MOW at 07:56 | Comment(2) | TrackBack(1) | 娯楽
この記事へのコメント
こんばんは。
TBどうもです〜
博士のお姉さん、なんだかすごいインパクトがありました。
原作が大好きだと映画は楽しみであり恐くもあり、ですよね。
Posted by ぶっか at 2007年01月08日 21:17
ぶっかさん、どうもですぅー。
義姉の存在感は強烈でしたよね。
最後の方で4人仲良くしてるっぽい場面があって
心底ホッとしました♪

こーなってくると、とうとう次は『夜ピク』か?!
と再び不安と期待の渦中に沈んでいくMOWです。
Posted by MOW at 2007年01月10日 07:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「博士の愛した数式」
Excerpt: 今日は会社をお休みして病院へ行ってきました。 極々軽度の心室中隔欠損症のために年一度の定期検診があるのです。 まぁ、学生時代ずっと陸上部だったとか、昨年に至っては4時に起きて会社へ行く前に土手に走..
Weblog: ぶっかにっき
Tracked: 2007-01-08 21:03
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。