2007年02月07日

『本を読むわたし My Book Report』華恵

♪♪♪
そういえば中学生の頃までのワタクシは
自己ってゆーものが なかった気がする。
「それは○○だと思うけど?」とか
「ホントは○○したいのに!」とか
そーゆー感情が ほとんどなかったような…。

子供向けのアニメや心温まるドラマを観ながら
世の中はスバラシイものだと信じていた。
そう。
ワタクシは幸せな生活を送っていたのです!

これがワタクシのボーバク時期。( ̄∀ ̄*)
もちろん本も今みたいに読んでません。

でも それでもだんだん気付いていく。
自分は他の人と一緒じゃないんだな、なんて。
もちろん同じところもたくさんあるけれど、
違うところだってあったりする。
そしてそれは とっても良いことだったりする。
今なら分かってる(つもり)。あは。

表紙絵も可愛いのに画像なし…残念っ!
本を読むわたし
My Book Report
本を読むわたし—My Book Report


モバイルの方はコチラ

著者の華恵さんは1991年生まれ ( ̄◇ ̄;) !!
アメリカで生まれて成長し、6才から日本へ。
「人ってひとりひとりが“スペシャル”なの」
とゆー考えで 自分も他人も尊重していた彼女は、
小学校入学前に いきなり日本へやってきて
ワタクシのようなボーバク人間が漂っている社会
(ここまでノホホンなのは珍しいだろうけど)
には とっても戸惑ったに違いない!
うむぅ。

小さい頃からたくさんの本と親しんでいた彼女が、
本との出会い、それにまつわる想い出を綴った本。
ちなみにこの本に登場する本たちは…
『I Like Me!』Nancy Carlson、『Deputy Dan and the Bank Robbers』Joseph Rosenbloom、『Goodnight Moon』Margaret Wise Brown、『Madeline』Ludwig Bemelmans、『Yo! Yes?』Chris Raschka、『Green Eggs and Ham』Dr.Seuss、『てぶくろを買いに』新美南吉、『きつねとぶどう』坪田譲治、『はせがわくんきらいや』長谷川集平、『ぼっこ』富安陽子、『愛のしらべシューマン』江間章子、『小さき者へ』重松清、『ココナッツ』山本文緒、『卒業』重松清、『非色』有吉佐和子(登場順)


大切な本を手元に置いている彼女のように、
ワタクシは この本を身近に置いておきたくなる。
本についてのエッセイではあるけれど、
やさしいお姉さんがポツポツと語ってくれる物語
のように感じて、包まれて、安心するのです。
もちろん ワタクシの方が年上なんだけれど。

今なら絵本『アイ・ライク・ミー!』I Like Me! (Picture Puffins)
を読んで、
大声で「アイ ライク ミー!」と叫べるかも。
そんな勇気まで もらっちゃいましたっ!

結局のところ 今現在も
幸せノホホン生活
を満喫しているワタクシなんですけどっ。
あぁ、再確認♪ (*^^*)





posted by MOW at 07:53 | Comment(6) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
素敵なMOWさん!素晴らしい子ども時代だったのですね。
私と来たら、物心ついたときからストレスとの
戦いで、それはやはり自我の強さに起因していると
思われます。
平たく言えば、強情だったわけです(笑)
小さなころから素直に成長したMOWさんが
私なんかからすると、憧れです。

ちょっとづつ私も変わって
いつかMOWさんのように、素直な人に
なろうと思います(#^о^#)
Posted by ベリー at 2007年02月07日 13:52
えぇっ?!
ベリーさん、本気で言ってるんですか、それは!?
著者の華恵さんもそうですけど、
小さい頃からイロイロ考えて生きてきてる人が
ワタクシはすごく好きです。
なんだか人生の密度が自分とは違う気がして。

ベリーさんもそのままでいてくださいぃ。
ワタクシ、うらやましいんですからぁー!
(*^^*)
Posted by MOW at 2007年02月08日 08:17
お薦めしたものを読んでもらえて素直にうれしいわたしです。
思い起こしてみれば、いつも大人の顔色をチェックしながらそれを悟られないように無邪気を装ってた子供だったような気がします。 ・・なんか、かわいげないですねえ。 でも、大人が大好きでした。 保護されてる感じが。 守ってくれる大人、守ってくれない大人、そうゆうのを必死に嗅ぎ分けようとしてた記憶。
MOWさん、のほほん(あ、失礼)と大きくなれたことは、とても幸せです。 それがいまの、素直な感想と文章を書ける素敵なMOWさんを、作ってるのですから。 でも、時々、MOWさんを「おねえさま!」と呼びたくなるのはなぜでしょう。
Posted by tsukiko at 2007年02月09日 12:18
えぇーっ!!
tsukikoさんまでそんな…!!
もしかして“褒め殺し大作戦実施中”ですか?
↑褒められてると思えるワタクシは、
 やっぱり立派な“のほほん人間”♪
それよりtsukikoさんが妹なら…嬉しいかも。へへ。

大人の顔色を窺うのは、ワタクシも少しありました。
そーゆうのって、子供が生き抜くための本能??
でも大人を選別することが否応なく迫られる環境は
子供の心にはツライですねぇ…。
「よし、よし、妹よ。(⌒ー⌒)」(←何様なのか!)

ワタクシ、tsukikoさんのブログでは記事はもちろん、
コメント欄も楽しみにしてるんです。
人の気持ちを汲み取ろうとしてくれてるのが分かって、
しかもちょこっとオモシロくって、
なんだか、ぽっかぽかなんですよねーっ。
今のtsukikoさん、好きだなぁ。(>▽<)
Posted by MOW at 2007年02月10日 13:45
褒め殺し返し、ありがとうございます。
ひじょーに照れております。
おねえさまったら、もう・・・。
Posted by tsukiko at 2007年02月11日 01:25
あははー♪
照れちゃいましたか?
でもホントにそー思ってるんですよ。
ワタクシやっぱり ぽっかぽかです。
(* ̄m ̄) むふふ。
Posted by MOW at 2007年02月12日 07:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33066371

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。