2007年02月22日

『ヘルプマン! 7』くさか里樹

♪♪♪
#第5巻から続いている 介護支援専門員編、
とうとう最後の模様ですっ。
帯にも「クライマックス!!」とあります。

高齢者の方のために 希望に燃えて
ケアマネージャーになった神崎仁くんが、
現実にぶつかって苦悩したすえ、
仲間を見つけて(発憤させて?)
本当に独立した居宅介護支援事業所を設立。

これで介護保険を利用する方のために働ける!
と思ったのも束の間
介護タクシーの利用方法を筆頭に、
いろんな保険利用規則に基づいて、
またしても その限界が見えてきちゃいます。
(T▽T) アァ。ドコマデイッテモ…

とりあえず この巻でクライマックスなので
なんとなく希望が見えてきたよねーっ♪
みたいな雰囲気で終わってはいるんですが…

もちろんこれは この漫画の中でのこと。
現実の世界では 介護関係者の抱える問題が
たぁーんまりと 山積みなわけですYOっ!


帯にこう書かれていました。
「全国高等学校家庭科
 教科書に採用されました!!」


高校でこれを学んだ人たちが
その後たとえ介護の世界に入ったとしても
それは最短でも まだ少し先の話。
それに、学校教員が教えているのならば、
どんな教育の仕方をしているんでしょう。
そのへんも気になるのです。

天下のみのもんたさんが 朝の番組で
「ハッキリ言っちゃうけどっ!」
とか言って問題提起してくれたらいいのにぃ!
なんて思っちゃうほど、
ワタクシみたいな人間でも考えさせらた。

それだけでも この本の存在は素晴らしい!
と思ったのですYOぅ!(←ちょっと弱気。)
思えば#第4巻も、
そーいった意味で必要な本だったなぁ。

あぁ!
なーんにも貢献していないワタクシが
なにをエラそうにのたまっているのでしょう!
ほんと、スミマセン。
( ̄人 ̄) オユルシヲ…

ここに出てくる人たちに共通するのは、
ほんとに人のことを考えてくれるところ。
パパの会社の商品を、使う人の目線で分析した、
#『パパとムスメの7日間』の娘を思いだした。
必要なのは 本質を見抜く純粋な目と行動力!
なんだなぁー。
┐(  ̄ー ̄)┌ ムズカシイッスYO!





posted by MOW at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。