2007年02月23日

『ダウン・ツ・ヘヴン』森博嗣

モリヒロシさんです。お初です!
表紙になってる灰色の雲の上の世界、
手にしたくなりました。

 「僕は空に行きたいんだ。」
 草薙水素(クサナギスイト)は思う。
 汚らしい地上の世界から
 逃げ去る方法はただひとつ。
 空を飛ぶこと。
 たとえばそこが
 戦闘の世界であったとしても。


主人公の僕 = 草薙水素は戦闘機乗り。
それもなんだか一流のパイロットらしい。
敵を撃ち落とし、今まで生き抜いてきた。

…。
草薙水素を上司がみんなに紹介してるとき、
彼女をこうして…」
って言ってますけどっ!
♀だったんですかぁっ?
ワタクシ、ずっと♂だと思って読んでました。
( ̄ロ ̄||| スゴイショック…

これに気付いたのは89ページ…。
勝手に思いこんでたワタクシが悪ぅございました。
( ̄へ ̄||| デモ ショック…

その時 同時に気付いたのが、
草薙水素は「我が社のトップ・エース」とゆー…
え? “我が社の”?
戦闘機で敵を攻撃して、中尉の肩書きをもつ人が
どっかの会社の社員だったんですかーっ!!
もうそんなにショックではありません。
( ̄▽ ̄;; ナレマシタ。

ほかにも、“キルドレ”ってなに?
とかイロイロ思うところはあるんですが、
最終的には
この物語は何かのシリーズの途中に違いない。
とゆー感想で読み終えました。

続きモノの時は
表紙に「○○の3巻」って書いといて欲しいんだYO!
と切に願ってしまったMOWです。
もしかしたら帯には書いてあったのかもしれない。
だけど図書館で借りるときは帯が外されてますし。
下調べをしない自分が悪いって分かってますけど、
なんとなく言いたくなってしまったんだYOぅ…。

あ、章ごとの最初に載せてある、
『イワン・イリッチの死』トルストイ は、
好きです。(//▽//) ポッ

とゆーことで、
スカイ・クロラ シリーズ第3弾! の、
『ダウン・ツ・ヘヴン』でした。





タグ:SF ♪なし
posted by MOW at 07:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
ええ、帯をはずされちゃう図書館の本には
つづきものシールなどで、わかるようにしていただきたいっ!同意見でございます。
それが書いてあれば、石田衣良のシリーズも順序良く読めるのに・・・・・(涙)

この本の表紙いいですね〜。
私も借りちゃいそう!表紙借り☆
Posted by ベリー at 2007年02月23日 19:51
ベリーさん、こんばんは!
ほんと、是非ぜひ明記していただきたいですよねぇ。
でもこの本の表紙、すごくキレイなんですよ。
シリーズの1と2も こんなにキレイなのかな。

IWGPシリーズの単行本は、たしか書いてあったと思いますよ。
ローマ数字だった気がするので、ワタクシ的には
4と6の区別がいまだに怪しいんですけども…。
(^▽^;)あはは

表紙借り大好きなので
懲りずにまたチャレンジします!
Posted by MOW at 2007年02月24日 01:11
こんばんは〜
自分の森さん初読はこれの1巻でした。
文庫で読んでいて、文庫版は最近ちょうどこの3巻が出たようです。単行本は表紙がかっちょいいらしいですね〜
このシリーズは森さんの本の中でもちょっと異色な感じ、らしいです。
Posted by ぶっか at 2007年02月25日 23:55
ぶっかさん、こんばんは♪
ちゃんと1巻から読んだんですね。いいなぁ。
実は森さんの名前は、ぶっかさんの所で覚えたんです。
それでたまたま図書館にあったこれを借りたら
この失態です。あは。(T▽T)
異色作かぁ。くやしいから1,2巻も読もうかと思います。

表紙、ほんとにキレイですよ!!
単行本の表紙を眺めてから文庫を購入することをオススメです。
Posted by MOW at 2007年02月26日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。