2007年03月13日

『エレガンス』キャスリーン・テッサロ

♪♪
ワタクシ、こーみえてエレガントざます。
天下のユニ○ロなんかも多用して、
(↑ごめんなさいごめんなさい( ̄人 ̄;))
全身お上品にコーデネートしてるざます。
うふっ。

「うふっ。」……??
┐(  ̄ー ̄)┌ オハズカシイ。

クロッカス.jpg

 女優目指してアメリカから渡ってきた♀
 でも今は劇場切符売り場のパートタイム。
 中堅俳優と結婚はしたけれど、
 その生活はまるで 老夫婦の縁側状態…
 わたしはまだ32才なのよ!

 たまたま古書店で出逢った本『エレガンス』
 Aのアクセサリーから
 Zのジッパーまで、
 エレガント♀へ邁進する極意が記されている。

 ルイーズ・カノーヴァは変わり始めた。
 自分自身を知り始めた。


この物語の核になっているのは“エレガンス”。
だからもちろん、
主人公のルーイーズはエレガントになっていく。
( ̄+ー ̄) ナッテイク!

でもその道のりは イバラの道!
どうしてそんなファッションにするのか、
なんで立ち振る舞いがこんなことになるのか、
分かっていなくちゃ本物じゃありません。
ありませんことYOぉーっ!!

失敗から始まる エレガンスざます。

あぁ。
どうしても♀が自信を付けていく物語が好きみたい。
たまたまルイーズはエレガンスで自信を付けた。
だけど こぅ思える。

「キッカケなんてなんでもいいんじゃないの?」

自分がより自分らしくなるために
なっとくできたモン勝ちっ!!みたいなー。

そして こーゆー物語が好きなワタクシは、
どこかで“変わりたい”と思っているハズ。
今の自分も結構好きなんだけどなー。
うむむ。どーなっていくことやら…
(o ̄∇ ̄o)アハー。
#頑張る♀といえば、こちら!
『キューティ・ブロンド』の記事




タグ:♪♪ 恋愛
posted by MOW at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。