2007年03月16日

『エイジ-1998 6.29~8.15(newspaper version)』重松清&長谷川集平

♪♪
#ベリーさんのところで#ルー語変換なるものを知りました! まるでルー大柴さんに朗読ボランティアをお願いしているみたい…。 この記事をルーさんとダンシングしながら読みたい方は、#こちらをクリック!!

小学生の頃だったかな。
自転車をギシギシと漕ぎながら、
とっても嬉しい気分だったワタクシ。
幸福感に包まれた今の気分を、
「世界中の人たちに叫び伝えたい!」と
思うほどの浮かれようでした♪

そんな時 前方に現れたのが、
トコトコ歩く 見知らぬ男性の背中。
「こんな幸せ、ひとりで抱えきれない!」
そんな風に爆発してしまったワタクシは、
追い抜きざまその人の背中に パチッ!
タッチしてしまいました。

「ヤホォー!」などと吠えつつ
自転車で走り去るワタクシを見送りながら、
あの人は何を思ったでしょうか…。
警察に突き出されてもおかしくなかったかも。

あぁ、あの時のあの人、ごめんなさい
痛くはしなかったけど、驚いたに違いない。
m(_ _)m ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ。

でも何があんなに嬉しかったんだろう。
ワタクシ、なぜか思い出せません
思い出せるのは、
オジサマの後ろ姿と肩甲骨の骨の硬さ。


 中学二年生のエイジは驚かない。
 クラスメイトが連続通り魔の犯人として
 警察に逮捕されたけれど。

 エイジは思い描く。
 狙いを定めた相手の背中に
 通り魔となった自分が近づいていくのを。

 自分はどうなってしまったんだろうか。
 でも、これも“フツウ”なんじゃないか。

人生に絶望して、怒りに身をまかせて。
そんな時に自転車を漕いでいたら、どうだろう。
あまりの嬉しさにオジサマタッチしてしまった
とゆー経歴を持つワタクシは、
もしかしたら人を背後から襲ってしまうような
通り魔にも なりえるんじゃないだろうか…?

「そんなこと、しないよ!」とクチで言いつつ、
「しないよね?そんなことしないよね?」って
心の底では密かに自分に問いかけてしまう。

怖ろしきかな、自分の過去!! ( ̄ロ ̄|||
あんなことは2度としないと誓います!
と言いつつ、心の底では…
(哀しきリフレインです。)





タグ:児童 苦悩 ♪♪
posted by MOW at 09:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
もちろん、トゥギャザーバージョンで
リードさせていただきました(笑)
あ〜、面白い。
ルーって偉大だなって気さえしてきました。

ところで、この体験は実話なんですか??
小父さんをバシッとタッチするほどの幸福感!
何があったんでしょうね?気になります(笑)
Posted by ルー語でリードしました。 at 2007年03月16日 20:16
ごめんなさい。
名前のところにタイトル書いてしまいました。
ごめんなさい。
Posted by あ〜!このコメントベリーです↑ at 2007年03月17日 08:07
エブリバディレッツトゥギャザー!
ベリーさんもすっかりルー王国の一員ですね♪
ページごとルー語変換したら、
サイドバーまでルー・ルー・ルーっ!
びっくりしました。笑えます。
ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

そしてこの体験、実話です。
あーっ。思い出す度に「ごめんなさい」です。
といいつつ、ずっと忘れてたんですけど…。
これこそ「ひとでなしバトン」入りですよねぇ。
こちら↓
http://book-t.seesaa.net/article/12730484.html
それにしてもほんとになにが嬉しかったんでしょう、
あの時のワタクシは???
Posted by MOW at 2007年03月17日 14:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36084785

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。