2007年04月22日

『いつも笑顔で Always Smile』伊達公子

♪♪
中学時代、友人に誘われて入った卓球部で
レギュラーになってしまいました。
自他共に認める非・体育会系なワタクシなのに!
あは。

そして勝てなかった。
1試合3セットあるうちの最初の1セットを取ると
対戦相手のことを考えちゃう。
「勝ちたいんだろうなぁ。」なんて。

その後は試合に集中できなくなってしまっていた。
自分のチームメイトも勝ちたがってるのに、
とんでもなくダメな選手です。

自分の中で「勝敗よりも楽しみたい」と感じつつ
複雑な思いで試合に出続けていたように思います。

そんなワタクシが本気を出したのは
これで引退という試合の第3セットのみ。
いつものように1セット目を取り、2セット目はダメで、
入部して以来初めて、監督の先生に怒られました。
「最後なんだからちゃんとやりなさい。」と。

最後の最後で、自分のプレイのみに集中しました。
あの時間は気持ちよかったな。
先生、見守り続けてくれてありがとうございました。

勝ちたいと望むことが見事に1度もなかったワタクシは
ただ弱いだけでした。
もし本気を出したとしても 勝てたか分からないですし。


伊達公子さんはとても好きで、試合の放送を観てました。
あのライジング・ショットが決まったときの爽快さっ!!
ため息がでちゃいます(*´∇`*)

プロのテニスプレイヤーになって世界を巡り
世界ランキングを4位まで上げていく強さと、
時々垣間見られるような気がした繊細さとが
ワタクシにはなかったので、憧れていたのかもしれません。

プロを引退してから10年。
しばらく家を基本に生活してから 徐々に活動の幅を広げ、
JICAの活動にもなったキッズテニス開催で子供に夢を与え、
レーサーのミヒャエル・クルムさんと恋愛し、結婚に至り、
その時々の自分に向き合い 変化を楽しめるようになって…

この本にある文章は 日常の報告みたいな時もあるけれど、
そこがまた 何とも言えず心地よく感じます。
今の伊達公子さんという、人となりを感じることができる。

やっぱり、今でも憧れてるんだな。
彼女のように、自分の生活を楽しんでいきたいな。
そう思わせてくれる。



posted by MOW at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。