2007年04月26日

『もやしもん TALES OF AGRICULTUR 2』石川雅之

♪♪♪
第1巻の記事(#こちら)では
あまりの衝撃に物語の説明をしていませんでした。
あはは。

でもこの2巻まで読んでみて、
そんな説明が必要なのか分からなくなってきたっ!
┐(  ̄ー ̄)┌ why?

 直保(タダヤス)♂は、幼なじみの蛍(ケイ)♂とともに
 晴れて農大入学を果たしました。
 なんで農大かってゆーと、種麹屋の息子として
 「農大だったら東京行くの許しちゃるわい。」
 って言われたからです。
 「東京行けるんなら、何でもイッか。」
 と決意した直保は、造り酒屋の息子蛍と上京。

 ところでところで。
 昔から直保にはある能力が備わっていました。
 菌の姿を見、それで遊んだりしていたのです。
 農大教授や研究室からは重宝がられ、利用され、
 入学してからというもの、バタバタしています。

んー…。説明が長くなってしまった。( ̄▽ ̄;;)
こんな感じで始まった『もやしもん』です。
(今更1巻の説明してるワタクシを責めないで。)


がっ!!
主人公の直保がほとんど活躍しない回が!
鼻テープなのにミス農大の葵ちゃんが!
この第2巻の途中から、主要人物の蛍に異変が!
などなど。

農大を舞台にしたオモシロおかしい物語
(菌が見えちゃう人間も登場します。)


とゆー感じ? …。
どんどん訳が分からなくなってきました。

だけどおもしろい。
そこがたのしめる?

今回は、菌くんたちがメインになる回があるので、
ワタクシとしては万々歳です。
なにしろ、それ目当てで読み始めたんですからー!
石川さん、グッジョブ。d( ̄◇ ̄)b

もやしもんシリーズ、記事はこちら。
#『もやしもん 1』
#『もやしもん 3』
#『もやしもん 4』




posted by MOW at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。