2007年04月29日

映画『アメリカ、家族のいる風景』


久しぶりにDVDをレンタルしてきました!
( ̄▽ ̄)v イェーイ。
#ベリーさんのところで紹介されていた
『トランスアメリカ』が狙いだったんですけど、
貸し出し中のため断念っ。

 今は落ちぶれた中年役者ハワード♂。
 映画の撮影中に、逃げる…っ!
 立ち寄った母の元で言われたのは
 「家族の写真は持ってないの?」
 という信じられないセリフ。

 「家族?俺って、子供いるの?( ̄□ ̄;)」

 まだ見たこともない息子と、
 かつての遊び相手であるその母親に、
 「会いに行ってみようかな。」
 ハワードはそんなことを思いついた。

かつての名声、かつてのスキャンダルとともに
俳優を続けているハワード。
自分が積み重ねてきた現在の生活に疲れたとき、
偶然知った我が子の存在に興味を抱いたカレ。

だけれども。

お酒に溺れていて、♀にもだらしがなくて。
そんな生活に支えられたカレの、その心で、
息子とその母親に会いに行っても…
うまくいくはずがないヽ( ´ー`)ノ ナイッス。
相手の方も、会いに来るなんて期待してないし。


CAST:
ハワード・スペンス(サム・シェパード
ドリーン(ジェシカ・ラング
サター (ティム・ロス
スカイ (サラ・ポーリー
アンバー(フェアルーザ・バーク)
ハワードの母(エヴァ・マリー・セイント
アール (カブリエル・マン)

なんだかんだあってエンディングになるわけです。
メインの登場人物をもっと深く描けるのでは?
とも思っちゃいましたけども、
それだと監督のイメージとは違っちゃうのかなー。

これから先 家族になれる可能性のある人々の、
その始まりかもしれない1コマを切り出したような、
そんなファンタジー映画に思えちゃいます。

ちょっと欲求不満なワタクシですけど
綺麗な風景が広がる映画です。

てゆーか、もしも。
アメリカ中を本気で探してみたら…
一体何人子供がいるか分かんなくて怖いよハワード!
養育費、たくさん稼がなくっちゃねーっ♪





タグ:家族
posted by MOW at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NO.164「アメリカ、家族のいる風景」(ドイツ・アメリカ/ヴィム・ヴェンダース監督)
Excerpt: 「パリ・テキサス」から20年。 孤独な男たちは、喪った時間を、取り戻せるのか? もう、不朽の名作と評してもいいのかもしれない。「パリ・テキサス」。カンヌ国際映画祭パルムドール賞をひっさげて日本公開。..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-05-25 17:49
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。