2007年05月06日

『マイ・ハートビート』ギャレット・フレイマン=ウェア

♪♪♪
そうそう。
昨日は朝の寝不足がたたって昼間ウトッとしてしまい、
友人との約束に大幅な遅刻をしてしまったMOWです。
ごめんごめんすいませんもうしわけありません<(_ _)>
ここで謝っても、ブログの存在は教えてないんですけど。
それじゃ意味ないじゃないか!
と思いつつ、本の感想を書いてみたりして。ほほほ。

「あぁ!また良い本に出逢ってしまった!」
読後にこんなことを思っていたワタクシ。

どーなの、どーなの?
みんなの感想はどーなの?!

と思って珍しくamazonを覗いてみたら…
あれ、そんなでもないんだ。( ̄□ ̄;)
ちょっとシボんじゃいました。
それでもワタクシには…良かったっ。

 14才のエレンは考える。
 どうして同級生と喋らなきゃいけないのかしら。
 私は私。このままでいいわ。
 天才の兄リンクと、兄の親友ジェームズがいる。

 今日、女の子に言われたの。
 「リンクとジェームズってカップル?」
 どういうことなのかしら。そうなの?

 いつも一緒だった3人の関係が変わり、
 エレンは考え始める…

NYマンハッタンの私立高校へ通う女の子の物語。
ヤングアダルト小説で、
グローイングアップ・ストーリーで、
マイケル・プリンツ賞のオナー・ブック賞受賞!


うすうす(ハッキリと?)気付いてたけど
ワタクシの成長は超スロースピードらしい。
いい年なのに…
( ̄∀ ̄*) ホント、イイトシ。
てゆーか、ちゃんと成長してるんだろうか?!

だってこの物語の終盤あたりの主人公エレンは、
確実に今のワタクシよりも オ・ト・ナ♪

中高生向きの本なのになー。
中高生に追い抜かれちゃってるんだなー。
でもそのお陰で楽しく読めたからいいかなー。

なんだか得した気分?(←ばか)

絵を描くことに興味を持っているのに
「絵なんて描けないわ」というエレンに、
「描けないって本当にわかっているのかい?」
と投げかけた彼女のパパ、コリン。

こんな言葉が自然に出るような大人に、
これから成長していけたらいいな。

悠長にこんなこと言ってるからダメなのかも。
(゙ `-´)/ シッカリーッ!





タグ:青春 ♪♪♪
posted by MOW at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40907124

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。