2007年05月07日

『指先の花 映画「世界の中心で、愛をさけぶ」律子の物語』益子昌一

♪♪
こっ…、これはっ!!( ̄◇ ̄;)

映画のノベライズの存在は知ってました。
知ってて今まで放置してたんですけども…

読んで良かったですー♪

 台風が近づいてきている。
 好きな人がいて
 その人の子供を身ごもっていて
 結婚さえも申し込まれている、いま。
 わたしの心には灰色の雲がかかっている。

 新居への引越を目前に
 カセットテープを見つけた。
 アキねぇちゃんとの、約束のテープ。

 17年間忘れていた約束を
 果たしに行こう。行かなくちゃいけない。

ワタクシは、映画原作→ノベライズの順番でした。

こーゆう感じですね。
世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション 世界の中心で、愛をさけぶ 指先の花—映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語
モバイルの方はコチラ

原作を読む時に映画の残像が入り込んじゃったのは、
ちょっとだけ残念でしたけど、
これで良かったと思います。
特に、映画とノベライズの間は空けた方がいいかも。

小説として楽しむんじゃなくて、
映画を文字にしたことで新たな衝撃を得る
とゆー感じでしょうか。
(。`Д´。)ノ ノベライズ ダカラネ!

ほら、あの、なんてゆーか、
直接会ったり電話で喋ったりするのと、
文字を使ってメールでやり取りするのと、
印象が変わることってあるでしょ?
あんな感じです。

それにしてもアレですね。
律子の物語のはずで、たしかに律子が主人公なのに、
彼女の目を通して見た 大人の朔の物語

律子がなにかを考えたり話したりするたびに、
朔のことを思わずにいられませんでした。
もちろん、朔の中にいるはずの亜紀のことも。

律子からの問いかけに
「別にかまわないけど。」とか
「いいけど。」とかゆー答え方をする朔が、
どうにも哀しくて…。

まぁ、その、
映画の方が好きだけど、読んで良かった!
とゆーことです。
(o ̄∇ ̄o)アハー。
セカチューの記事はこちら!
#映画。
#原作。




タグ:♪♪ 恋愛
posted by MOW at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。