2007年05月28日

TV『世界ウルルン滞在記 フランス花の貴公子に成宮寛貴が弟子入り』

♪♪
おとといバラ園行ったし(#記事はこちら)、
パリの映像を観るのも久しぶりだし、
必殺!テレビ・ウォッチング!(o^-')b

パリ7区にある花屋さん
「アン・ジュール・ド・フルール(花のある一日)」。
オーナーのエリック・ショヴァンのところへ
成宮寛貴さんが弟子入りの巻ぃー。

パリの街には100m毎に花屋さんがあって、
その消費量も日本の2倍以上らしい。

たしかにお店のディスプレイとか綺麗だったな。
「こんなにタップリ花を使っちゃうの?」
なんて、見て楽しんでるコッチが心配しちゃうほど。
だってだって、花の値段高かった気がするよー?

2007京成バラ園8.JPG

成宮さんはスゴイと思う。
7時間も開店準備に掛ける花屋で
花に馴染んでいるパリの人々を相手に
ブーケやアレンジを創り出すような、そんな度胸は
ハッキリ言ってワタクシにはありませんっ!!

それでもやってみなくちゃ始まらないってことか。
(o ̄∇ ̄o)アハー。

たしかに、エリックさんと成宮さんの
「花が好きなんだよ!(≧▽≦)/」
という気持ちがTV画面から伝染してきて、
母の日の花束を花屋さんに依頼したのを後悔した。

ゲストの假屋崎さんがコメントしていた
「感謝の気持ちとコミュニケーションよね。」
みたいな言葉を忘れずに、

相手の顔を思い浮かべながら
自分で花束を創ってみたい♪

と、不覚にも(?)思ってしまった。

自然な感じを花瓶の中に創る
全体を1とすると、花瓶の高さは3分の1
大きな花瓶に花を纏めるときは、セロファンを使う
などなど、豆知識も吸収させていただきましたし…

フローリスト・MOW、ココに誕生?!
( ̄+ー ̄)




タグ:♪♪ 冒険
posted by MOW at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。