2007年05月31日

ドラマ『CSI:3 科学捜査班』

♪♪♪

うむむ。
第3シーズンまで観続けて いまだにあきない。
そんな御本家CSIですけども!

このシリーズで最初っから気になってたのは…
前シーズンの最終話で病院にいたグリッソム。
カレは 何の病気だったのか?
ソレが 仕事にどぅ影響するのか?

そこらへんが明らかになっていきますよーっ。

このドラマが まだまだ続くのは知ってるけど
でも それでも
グリッソム主任の立場の行方が気になって…
ドキドキしてました (T^T)

そしてこのシリーズの最終話で
またしても病院にいたりするグリッソムの、
揺れや決断は なかなかのものですねっ。


CAST:
主任グリッソム(ウィリアム・ピーターセン
キャサリン(マージ・ヘルゲンバーガー
ウォリック(ゲイリー・ドゥーダン
ニック  (ジョージ・イーズ
サラ   (ジョージャ・フォックス
ブラス  (ポール・ギルフォイル
検死官アル(ロバード・デヴィッド・ホール
研究員グレッグ(エリック・スマンダ

他にも記憶に残ってるのは、
第2話の「科学捜査班の失敗」
このタイトルからするに もんのすごいものを
想像してたんですけど、違ってました。
ってゆーか!
プロのみんなが素人みたいな失敗する訳なくて…
手順が違うだけ、みたいな
だけなんて言っちゃいそうになるくらいの)
小さなちーっちゃなミスが、
犯人の有罪判決に影響を及ぼしまくりなんですね!

容疑者側についた弁護士が、憎らしいっ!!

それはそうと、今シリーズ。
(今までもそうだったけど)
恋模様に続くかもしれない感じの雰囲気が
チラチラとみられたような、みられなかったような。
んー。
今後は一体どーゆぅ展開になっていくんでしょーか!
気になる…。





posted by MOW at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。