2007年06月11日

『サマータイム』佐藤多佳子

♪♪
中学へ入学したときは、
友人に誘われるまま部活へ入った(#こちら)。

高校1年生のときには、
芸術課目の授業で書道を選択したら
1学期の終わりに先生に呼び出された。

書道の先生は、職員室にはいない。
書道専用教室のとなりに畳敷きの控え室があって、
いつもそこでなにやらしているらしい。

「あの。先生、なにか…。」

呼び出しの理由が掴めずに戸惑っていたワタクシは、
思いもかけない、こんな言葉を耳にした。

「文化祭に条幅作品を出しなさい。」

え?
でも文化祭に出品するのは書道部の人じゃないの?
そう思ったとき目に入ったのは、部員表。
毛筆で書かれた部員の名前が、壁に飾られていた。

ぐぇっ?!
ワタクシと同じ名前があるよ!
書道部に同姓同名の人がいるよ!
いやいや、この学校に同じ名前の人はいないよ!
それじゃ、ここにある名前はワタクシの名前なの?
なんでどうしていつのまにぃー( ̄□ ̄;)!!!

そしてひと言、お答えしました。

「私は書道部員だったんですね、先生。」

入部した記憶はたしかにナイけれど、
部員なら文化祭にも参加しなくちゃいけません。

その後の夏休みは、急遽作品製作に費やされました。

ワタクシの中の、ひとつのサマータイム。


 進くんは11才のとき、プールで広一くんに出逢った。
 ひとつ年上の佳奈お姉ちゃんよりも
 更にひとつ上で13才の広一くんは、ずいぶん大人だ。

 偶然出逢った3人に、それは訪れる。
 真夏の日差しにも負けない、
 吸い込まれるような、サマータイム…。

「サマータイム」「五月の道しるべ」
「九月の雨」「ホワイト・ピアノ」
4つの連作短編を収録。
表題作は月刊MOE童話大賞受賞。

佐藤さんの紡ぎ出す物語の登場人物は
いつも、たしかに、ソコにいると感じられる。
3人の色褪せない夏は、カレらだけのもの。

これからやってくる、今年の夏。
期待しちゃうなぁ、ワタクシだけのサマータイム。

胸に輝きを取り戻す読書となりました♪





タグ:青春 短編 ♪♪
posted by MOW at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44537084

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。