2007年06月23日

『ナ・バ・テア』森博嗣


前作『スカイ・クロラ(#こちら)』を
読んでいるときから、疑問に思っていた。

森さんは普通に生活できているんだろうか?

小説を書くとき 作者は、
自分の頭の中にもともと存在するものからしか
文章にすることは出来ないんですよね、たぶん。

んー、どーなんだろう。
自分と同じレベルで考えちゃイケナイかなぁ。
( ̄▽ ̄;;) ヤッパリ…?

スカイ・クロラシリーズを産み出す森さん
こんな世界を内に秘めながら
どんな表情で生き続けているんだろう。

なんだか、不思議だなぁ。( ̄^ ̄;) ムムゥ。


 僕は希望を出していた。
 名門、と呼ばれるチームへの転属願い。
 それは、叶った。

 空を飛びたい。
 そのときだけ、自由を感じられるから。
 地上にいたら、僕は、笑うことさえ難しい。

 僕の中には、答えのない問題がたくさんある。
 だが、それが何だと言うのだろう。

 僕はまた、空を、飛べる。
 飛ぶために、今日も着陸する。


老いてゆくことのない人間(キルドレ)は、
直接か、間接かはどうあれ、人間が創り出したもの
のような気がする。

成長し、老化して、死んでゆく人間からしたら
脅威の存在に違いないカレらキルドレを、
公然と隔離し、無為に殺していくためだけに
戦争を創り出している世の中だったら、どうだろう。

それによって、キルドレ以外の人間たちは
日常の中で不安を感じることが少なくなり、

当のキルドレたちも、
そんな戦争にしか意味を見出せないように
追いつめられているのだとしたら…?

考えちゃうなぁ。(-""-;) ウググ。

あれ?
この小説についてこんなコトを言うのは
今更だったりするのかな。
それとも全くの見当違いかも。
ちょっと恥ずかしくなってきちゃいました。
┐(  ̄ー ̄)┌ ナニヲ イマサラ?

自由という名の虚像のイメージを壊されつつ、
それでも「生きててイイんだよね?」と
少し安心させてももらえる、そんなシリーズ?

続編での展開は どーなっていくんだろー。







posted by MOW at 01:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
森さん、大学の助教授やりながら本書きながら・・すごいですよねー

このシリーズ、最近第3巻の文庫版を買ったのですが、だいぶ頭から抜け落ち気味です(^^;
ちょこっと読み返してから取り掛からねばっ・・・。
Posted by ぶっか at 2007年06月24日 19:41
ぶっかさん、こんばんはですー…
って、えぇーっ!森さんは大学の助教授なんですか。
全然知らなかったか、すっかり忘れてたか、どっちかです。
スカイクロラな頭脳で、よく毎日通勤できてますねぇ。
哲学科だったりするのかなぁ。

単行本は4巻まで出てるみたいですね。
ワタクシも忘れる前に読まなければ!!
Posted by MOW at 2007年06月24日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。